Beyond Borders

bordergirl.exblog.jp
ブログトップ

“ジャスト・マリッジ”

a0013880_15101262.jpg前回、本やCDはそんなに買ってこなかったと書きましたが、代わりにDVDはけっこう買って帰ってきました。
これで、スペイン語のヒアリングの勉強を…という魂胆。
本当にヒアリングが駄目になっちゃってるので、まずは割と簡単な吹替え版のアメリカ映画から購入しました。

“ジャスト・マリッジ”(スペイン語タイトルは“Recien casados”)はブリタニー・マーフィーとアシュトン・クッチャー主演のラブ・コメディ。
お金持ちのお嬢様とラジオ曲のDJ(といっても交通情報担当)が恋に落ち、周囲の反対を押し切って電撃結婚。ヨーロッパに新婚旅行に出かけるもののトラブル続きで、さらにはお互い相手には内緒にしていた秘密がばれてしまい大喧嘩…。2人は仲直りできるのか?というストーリー。

とにかく、2人のバカップルぶりが可愛くて、トラブルも笑って乗り越える姿がとっても微笑ましい映画でした。
ブリタニー・マーフィーの顔があんまり上品ではないので、お嬢様という設定には無理があったけれど(個人的には好きな顔です)、アホっぽいアメリカ娘って感じが出ててよかった。だって、ビーチでスキップしながら犬の散歩だよ、ありえないよ~。
しかし、その相手役のクッチャー君もなかなかの切れ者。モデル出身だけあって長身の超美形なのに、一緒になってスキップしちゃう演技がものすごくナチュラルで、コイツやるな~て感じ。伊達にデミ・ムーアの彼氏をやっているわけではないのね…。
…って、全然レビューになってないですね。

今回、スペイン語吹替えで見てみましたが、オリジナルの英語版のほかにドイツ語吹替えも入ってました。字幕も3種類。
一緒に買ってきた“ムーラン2”はオリジナルの英語のほかに、スペイン語とポルトガル語。
“Lady Jane”にいたっては、吹替えが英・西・仏・独・伊の5ヶ国語で、字幕はヨーロッパ周辺の25ヶ国語をほぼ網羅…。
日本で発売されるDVDもこれくらいやってくれたら、語学の勉強も楽しくなるのに…と思います。
[PR]
by bordergirl | 2004-12-19 14:47 | 映画