Beyond Borders

bordergirl.exblog.jp
ブログトップ

“The Prince & Me”

a0013880_1271152.jpgスペインで買ったDVD第三弾。
アメリカの女の子とデンマークの王子様の恋愛モノ。
こういう少女漫画みたいなベタな設定が大好きな私は、噂を聞いた時から楽しみにしてたのですが…やはり公開ならず。
日本ではDVDのみの発売となりました。
主演は“モナリザ・スマイル”のジュリア・スタイルズ。他にあんまり有名な俳優はいないのでしょうがないですね…。
(ちなみに、第一弾で紹介した“Dirty Dancing 2”は日本では“ダンシング・ハバナ”と言うタイトルで7月公開。第二弾の“50 First Dates”は今日Jigenさんからトラバ頂きましたが、6月公開だそうです)





ペイジはアメリカの平凡な大学生。超理系タイプの彼女は、医学博士になる夢に向かって猪突猛進中。一方、エディはデンマークの皇太子。女の子と車が好きなフワフワした文系プレイボーイ。この王子様が奔放なキャンパスライフを夢見てアメリカに交換留学、身分を隠したままペイジと出会います。
はじめは自分とまったく違うタイプのエディにイライラするペイジですが、次第に彼のことが気になり始め、やっと恋仲に…というところで、パパラッツィが追いかけてきてエディの身分が明らかに…。



期待していたほどには面白くなかったです…。
でも、しょうがないかなぁ。
現代女性の共感を得るためには『玉の輿』でめでたしめでたし♪て女性像のわけにもいかないし、かといって、アンハッピーエンドじゃ寂しいし…。
というギリギリの選択で、こんなもんかしら…と。
後半もっと、彼女の心理描写がきちんと描けてたらよかったんですけど。
個人的には、恋愛と自分自身の人生設計とのジレンマというのは興味あるテーマなので、もうちょっときちんと描いて欲しかったです。

主演の2人は好印象。
最初、写真のジュリア・スタイルズを見て『こんな可愛くない子でいいのか?』(失礼!)と思ってしまったのだけれど、実際に演技をしているところを見ると普通の女の子っぽいところがけっこう可愛かったし、相手役のルーク・メイブリーに至っては知名度ゼロなのですごく新鮮。
2人が恋に落ちていく前半はとても自然で微笑ましくて、見ているこっちもときめいちゃいました。

結局、エディは病気の父親のために帰国しなくてはいけなくなり、考え直したペイジは彼を追いかけてデンマークまで行くのですが、その時に彼女の友達がこぞって助けてくれるのも素敵。
飛行機のシーンがなんだか他人事とは思えなくて、キューンとしてしまいましたよ。
やっぱり、国際恋愛は相手が王子様でも大変なんだよねぇ…。
(いや、相手が王子様だったら余計大変なんだけどね)
[PR]
by bordergirl | 2005-03-31 01:25 | 映画