Beyond Borders

bordergirl.exblog.jp
ブログトップ

“キカ”

スペイン映画…えーっと、第4弾。
アタメに続いてアルモドバル監督の映画です。
これもかなり古くて10年前以上…かな。
一部の衣装をジャン・ポール・ゴルチエがデザインして話題になりました。
私は覚えてなかったんだけど、妹は覚えていて見たがってたので、とりあえずDVDの後ろに書いてあったストーリーを説明すると…。
『…やっぱり、見なくていいや』
って言われちゃいました。
アルモドバルの映画、ストーリー濃すぎ(笑)。

さて、私の見た感想ですが、ストーリーから受ける印象はDVDの後ろに書いてあった例のあらすじとはちょっと違っていました。
でも、訳分からなさすぎ!!
コメディなのかサスペンスなのか、シーンや登場人物によってイメージが違うので、頭が混乱します。それが狙いなのかもしれないけど…。






ストーリーを私なりに説明すると、まずはある母親が自殺してしまったところから始まります。
その夫であるニコラスと知り合った主人公キカは、それが縁で息子のラモンと付き合うことになりプロポーズされるのですが、実はニコラスとも関係を持っています。
ある日、キカがお手伝いさんの弟で発情狂の脱獄犯にレイプされてしまい、それを向かいのマンションから隠し撮りされて、ラモンの元カノでテレビ番組の司会者アンドレアによって放送されてしまいます。
ショックを受けるキカ。
ところが、実は向かいのマンションから覗いていたのは意外な人物で、さらには自殺したラモンの母親の死にもある疑惑が…。

と、後半サスペンスタッチになってくるのですが…。
なんせ主人公(なのかどうかもよく分からないけど)のキカがあっけらかーんとしてて、全然サスペンスっぽくない。ちょっと歳くってるし頭も弱そうだけど、気が良くて度量の広い女の人なので、何ごとものん気なんですよ。
ニコラス、ラモン親子のシーンになると、ぐっとサスペンスっぽくなるのですが、キカが登場するだけでコメディタッチに。
結局最後はなにがなんだか…。
人生のん気に生きたほうがお得ってことかしら?

あ、DVDは『ヘア無修正版』なんてなってて、またもやエッチな映画なのかしら?(あらすじもそんな感じだし)と思われるかもしれませんが、ご心配なく。
そんなことはないので、興味のある方は偏見持たずに見てみてください。
[PR]
by bordergirl | 2005-07-09 23:51 | 映画 en español