Beyond Borders

bordergirl.exblog.jp
ブログトップ

“幸せのポートレート”

a0013880_0464077.jpg試写会行ってきました。
ストーリーはすでにWakabunのブログどりちゃんのブログで読んでいたので、ここでは割愛するとして感想を。

コメディとか“ハートウォーミング”なんて宣伝されてますが、私はちっとも楽しめませんでした!
もちろん、ところどころに笑えるシーンはありますけど…(お父さんはいい演技)。
『ミート・ザ・ペアレンツ』もそうだったけど、つくづく私はこういう映画は楽しめないんだなぁ…と。
恋人の家族に会って…て展開は誰だって緊張するし、最初は皆うまく行かないものかもしれないけど、主人公メレディスと同じようにリラックスして人の輪に入っていけない私にとって、『うわー、私だったら絶対無理!』って思うシーンが満載で精神的にきつかったです。
家族間の冗談気分で深いこと考えずに相手を傷つけたりして、私だったらいくらどんなに好きな人との結婚がかかってても、尻尾を巻いて逃げちゃうかも。

しかも、その恋人が全然彼女をかばわないし。挙句の果てには別の女性にポーっとなっちゃうし…。なんだよ、それ?って感じの失礼なお話でした。
一応『彼はもともと彼女のことが本心では好きじゃなかった』ってことを最初から匂わせてますが、それでも、彼自身はストーリー前半まで『自分はこの女性と結婚する』と信じて疑わなかったわけだし…。
もうなにを信じていいのやら。恋愛や結婚なんて所詮こんなもんねー、一時の気の迷いなのよねーとやさぐれた気持ちになっちゃいました。
まぁ、結果的にはあの組み合わせであってるとは思うんですけどね…。
映画だからそんな風に“めでたしめでたし”ってなるけれど、なんにしても失礼な話だな、と。
主人公も変なキャラなので共感はできなかったけど、最後の方のシーンで主人公が『私のことを愛している人は誰もいないのね!』っていう台詞。
あれは痛々しかったです。
笑えるシーンなのかもしれないけど、私はキューンって切なくなっちゃった。
その台詞の直後いきなりメレディスをかばう女性陣、ていう流れはわりと気に入ったけど、後はドタバタに流れちゃうし…。
作り手の意図が分からないのだけれど、コメディと思って作ってるんだったら、神経図太いんだなぁ…繊細さがないなぁって思いました。

…て、珍しくけなしてばっかり(笑)。
ところで、サラ・ジェシカ・パーカー。私はSATCを見たことないので、彼女が動いてしゃべるのを見るの自体久しぶりだったんだけど、あんな声だったのね。子供っぽくてびっくりしちゃった!
[PR]
by bordergirl | 2006-06-28 23:45 | 映画