Beyond Borders

bordergirl.exblog.jp
ブログトップ

“13 ラブ 30”

a0013880_12421883.jpgまたこの邦題もどうかと思う…。なんでも“ラブ”ってつければいいってもんじゃないのにね。(ちなみに原題は“13 going on 30”、13と30は変わらないんだから、そのままでいいのに…)

ストーリーは13歳の少女ジェナの誕生日から始まる。学園セレブの女の子達に憧れながらも、どことなく垢抜けなくてフラストレーションを抱えるジェナは、『13歳なんてイヤ! 早く30歳になりたい!!』と願う…と目が覚めたら30歳。憧れの女性雑誌で働くイメージどおりの女性になっていた。とはいえ、中身は13歳。困った彼女は幼なじみのマットに助けを求めるが…というお話。

まず、13歳にして『30歳になりたい!』てのがすごい(笑)。
私が13歳の頃なんて、30歳の自分なんてイメージもできなかったよ。(だって、ノストラダムスの大予言があったから、30歳には生きてないはずだったの)
だけど、なってみたらこんなんですよ…(以下、自粛)。
でも映画でも、中身が13歳のジェナがだんだん30歳の生活に馴染んでいって、30歳だってちょっとスレちゃっただけで子供の部分は変わらないんだよな~と思わせます。

主演のジェニファー・ガーナーはあんまり好きな女優さんじゃなかったんだけど、中身が子供の大人をやっても嫌味がなくて可愛かったし、登場人物全員の子役がみんなそっくりで楽しい。唯一の例外は憧れの男の子クリス、これがまたショックな変貌ぶりで…。
あと、パーティでマイケル・ジャクソンの“スリラー”を踊るところも楽しかった。
小学校の時、林間学校のクラスの出し物でスリラーを踊ることになって、みんなで練習したことを思い出しました。もう、振りは全然覚えてないですけど。

13歳の子が30歳に…ていう設定からして、話の最初と最後がどうしても現実離れしてしまうのはしょうがないですけど、大人になってからの部分は90分ちょっとの映画にしては山あり谷ありで、シリアスな部分もあってよかったです。
[PR]
by bordergirl | 2006-08-26 13:21 | 映画