Beyond Borders

bordergirl.exblog.jp
ブログトップ

“あなたにも書ける恋愛小説”

銀座の映画館で見てきました。
・・・久しぶりにあんまり楽しくなかった映画・・・。確かにこのくらいの恋愛小説だったら私にも十分書けちゃうよ。

ストーリーは、借金返済のために30日で小説を書かなくちゃいけなくなった作家が、速記者を雇い、彼女と一緒になって小説を書き始めます。ここで、劇中劇として主人公=作家、脇役=速記者で、もう一つのストーリーがスタート。で、いつしか2人はお互いのことが気になって・・・と言うお話。

物足りなかったのは、2人がお互いのことを好きになる過程とかちゃんと書かれてなくて、お手軽な感じがしちゃったこと。恋愛にもいろいろな種類があると思うけど、この主人公2人の場合、恋愛の過程は『一緒にいる人がたまたま気があったから』てだけなのだけれど、言ってることはいきなり『将来を考えたお付合い』なので、なんだかしっくりこないような・・・。実は、女性と親密になるのが怖いらしい主人公が、あえて一人の人を選ぶのだからもうちょっと葛藤があっても良かったと思うんですけど。
あと、コミカルなシーンも、『これおもしろいでしょ?』て感じで押し付けがましくて、笑えませんでした。

唯一の救いは、主演のケイト・ハドソンが可愛かったこと。
でも、彼女自身が可愛いんであって、映画のキャラとは何の関係もないしな~。
もったいない・・・。
[PR]
by bordergirl | 2004-06-15 02:05 | 映画