Beyond Borders

bordergirl.exblog.jp
ブログトップ

“恋人はゴースト”

a0013880_23513112.jpgなーんか、いまいちな邦題だなぁ、というのはおいといて…(原題は“Just Like Heaven”。ヘブンのイメージは残してほしかったなぁ…)

スタッフドクターを目指して仕事一筋のエリザベス。ところがある日交通事故に遭ってしまいます。
一方、新居を探していたデヴィッドは、訳ありで月貸しされている素敵な家を見つけて引越すのですが、そこに幽霊になったエリザベスが現れて…。

あ…この説明だとオカルトみたいですね…。
リース・ウィザースプーン主演のほんわかしたラブコメです。
気持ちよく楽しめて、ちょっと考えさせられる、バランスの取れたいい映画だと思います。
ギャーギャーうるさい女の幽霊なんて、下手な女優がやったら最悪な出来になると思うけど、芸達者なリースなので抑えるところはちゃんと抑えてて、共感できる主人公になってます。
相手役のマーク・ラファロが私のタイプでないのは物足りないけど…(苦笑)。

エリザベスの住むアパートメントがとっても素敵。日当たりがよくて、専用の屋上付き。
ああいう家を選ぶところで、エリザベスが根っからの仕事人間ではないことが分かるし、『今は仕事を頑張って、自分の楽しみはそのあとで…』ていうのは多くの人が考えることだと思う。
逆に、落ち込むのは今だけだから…と言って自堕落な生活をおくるとか。
でも、残念ながら人生は先が分からない、そういう時間の使い方はできないんだよね…。
毎日大事に生きなきゃなぁと考えさせられました。
…でも、そうは思っても実行に移すのは難しいんですけどね…。
[PR]
by bordergirl | 2007-04-04 23:50 | 映画