Beyond Borders

bordergirl.exblog.jp
ブログトップ

ハリー・ポッター×4

レンタルが半額になってたので、ハリー・ポッターの今までのDVD4本を一気に借りました。
週末に見よう~と軽く思ってたけど、1作平均150分もあるのね。
けっこう大変でした…。

でも、内容はさすが人気作品だけあっておもしろい!
魔法の世界と現代の世界がうまく融合してました。これは舞台がイギリスだからかなぁ。
ハリーとその友人達はいつも校則を破ってばっかりで、毎回減点ばっかりのダメ生徒なんだけど、結局最後にはお手柄な活躍をして誉められる。子どもが感情移入できるストーリーだなと思います。
私はついつい『そこは大人に任せとけよ!』『校則違反は校則違反じゃないの?』って思っちゃうんだけど、これは大人目線なのよね。ちょっと悲しい…。
順番に見ると、主人公達の成長も見れて楽しいです。
名前は全然覚えられないけれど、脇役の生徒達も同じ子達が毎回出演してるんですね。
ちなみに私のお気に入りはハーマイオニー。
ああいう、分かりやすい“可愛さ”とは無縁でやや不器用だけど、努力家で頑張りやさんの女の子は、同性から見てものすごく可愛いなぁって思います。

あれっ?て思ったのは、シリーズ物のわりには一話完結っぽい展開なこと。
1作見て『この続きが早く見たい~』とは思わなかったし、登場人物も1話限り?という人もいて(大人の脇役陣すごく豪華ですよね!)、あんまり伏線や話のつながりが感じられないような…。
原作も映画も1作ずつ時間をおいて発表されているので、うまい戦略だな~と思ってたけど、確かにこの内容なら1作ずつ時間をかけて楽しむほうがおもしろいと思いました。
でも、ヴァルデモートが復活したから、最新作はいろいろと話がつながってくるのかな?
今までの4作見たからいつでも劇場に行けるんだけど、多分またあとで何作かまとめて見ることになるかも…。
[PR]
by bordergirl | 2007-07-22 13:41 | 映画