Beyond Borders

bordergirl.exblog.jp
ブログトップ

“オーシャンズ13”

a0013880_2323467.jpg観てきました。
話題作の映画は混んでるから、あとで…と思ってるうちにいつもギリギリになっちゃいます。
これもすごーい楽しみにしてたのに、観るのは遅くなっちゃいました。

さて、オーシャンズ3作目は、仲間の一人ルーベン(資産家)が騙されたショックで発作を起こして入院するところから始まります。オーシャンたちは、ルーベンを騙したホテル王バンクに謝罪と権利の返還を求めますが、バンクがそれを突っぱねたため、チーム一丸となってバンクをはめる作戦に…というストーリー。

作戦の目的がきちんと最初に明かされて、それを達成していくために一つ一つ細かい仕事があって…という流れなので、分かりやすいです。しかも、最終的に今までの仕込みや根回しがどういう形で実行されるのか楽しみに見れるし。
キャラクターもだいたい把握できてるから(でも、相変わらず名前と顔が一致しないので、その場にいない人の名前をあれこれ出されると混乱するんだけど)、コイツならこうするだろうってシーンがおかしいのです。
好きなのは双子の兄弟のシーン。ダイスに細工をするために兄の方がメキシコの工場にもぐりこむんだけど、普通に従業員と仲良くなって、酔っ払ってるうちにストまで引き起こしちゃう。で、あとから止めに行った弟もミイラ取りがミイラになって…てのが、バカっぽくて好き。
あとはやっぱり、マット・デイモン扮するライナス。
『媚薬』のシーンは、超受けました!
あとはあとは、12に出てきたフランス人がまた出てきたのも嬉しかったし。

…と、とにかく楽しめる映画でした。
最後は花火をみんなで眺めて、各自解散!て流れもいいよね。
つかず離れず、でも結束は固いっていうところが、大人の友情だなっと思います。
[PR]
by bordergirl | 2007-09-14 23:31 | 映画