Beyond Borders

bordergirl.exblog.jp
ブログトップ

メキシコ旅行5日目①~グアナフアト

時差ぼけと暑さ(日焼けのせいもあったかも)のせいでグッスリとは眠れなかったけど、のんびりと仕度してホテルの朝食へ。宿泊料金に含まれてて、何種類かから選べます。私の選んだのはメキシコ風スクランブルエッグ。ちょっとピリ辛で、おいしかったです(でも、高いんだ。セットで80ペソくらいするみたい)。
a0013880_23295928.jpg

朝食のあとは、昨日行けなかった展望台、ピピラの丘へ。
フニクラーで登ります。片道12ペソ。
a0013880_23374182.jpg

乗ってみて気がついたけど、これ交叉式なので、片方が降りると片方が登り。だから、遅い時間でもう降りる人がいないと運行やめちゃうのかも。フニクラーを降りてから見晴台までちょっと狭い小道?を歩くので、遅いとやっぱり危なかったかなと思います。
見晴台からは写真に入りきらないくらいいっぱいに町の全景が望めて、とても奇麗でした。
a0013880_23414618.jpg

気がすむまで景色を堪能したあとは、またフニクラーで戻って、ディエゴ・リベラ博物館に。
リベラは日曜に生家を見たフリーダ・カーロの夫で、別に意識して決めたわけじゃないのに、奇しくも両方の生家を見ることになりました。入場料は15ペソ。家に面した通りが工事中で、うっかり気がつかずに通り過ぎてしまいました。ほんとに普通の家です。ただ、内部はかなり広く、1階が当時の部屋の様子、2階から上は絵画や写真の展示になってます。

そのあとは、アロンディガ・デ・グラナディータスという博物館に。入場料46ペソ。
ここも、大きいけれど、四角い質素な建物で、入り口をうっかり通り過ぎました(笑)。
a0013880_23574218.jpg

ちなみに、アロンディガ(Alhondiga)って辞書で調べてみたら穀物市場のことだって。1810年の独立戦争では政府軍の要塞として使われ、博物館には当時の資料も多く残っています。
a0013880_041972.jpg

解放軍の英雄イダルゴ神父の壁画も。
ここの博物館はけっこう面白くて、のんびり見ていたらかなり時間がたってしまいました。

急いでホテルに戻ってチェックアウトし、パス広場で昼食。
a0013880_085737.jpg

広場に面したレストランなので、料金はちょっと高めだったかも。ポージョ・エン・モーレ(Pollo en Mole)、茶色いのはチョコレートのソースです。でも思ったよりも甘みはなくて、わりと普通でした。
レストランの中にはテレビがあったんだけど、かなり昔のB級(いやC級以下かも)アメリカホラー映画をやっていて、食事には全然ふさわしくなかった(お父さんお腹切られて内蔵出されちゃうし)…けど、気になって最後まで見てしまいました(笑)。
a0013880_023913.jpg

広場前ならギリギリまで食事をしていてもバスかタクシーが拾えるし…と思ってたんだけど、予定よりまだちょっと時間があったので、少し歩いてお土産などを購入。
そのあとタクシーを拾ってバスターミナルに向かいました。
[PR]
by bordergirl | 2008-06-18 23:15 | ’08.6. メキシコ