Beyond Borders

bordergirl.exblog.jp
ブログトップ

<7日目> アルベロベッロ

今日は、旅のメインイベント“アルベロベッロ”へ。
イタリア3回目の友達にとっては今回の旅行の目的で、どうしても外せないところでした。
ところが調べてみると、ナポリからの場合、イタリア鉄道でバーリまで行ってそこから私鉄に乗り換えるのが通常みたいなんだけど、夏の間はこの私鉄が運休になるみたい。いちおう振替のバスが出るけど、そのバスの本数が少なくて着いたらもうその日のうちには戻って来れない…。帰りも1日がかりで、計2日かかってしまうことになるのです。
そんな時間はない…けど諦められない…ということで、現地の日本人エージェントが手配している送迎サービスを使うことにしました。
料金は高くてお財布にはきつかったけど、これだと朝出発して夕方にはナポリに戻れます。

a0013880_1717892.jpg

アルベロベッロはすごく小さな町。大通りを境にモンティ地区とアイア・ピッコラ地区に分かれてます。
まずは、お土産などのお店ばかりで観光客向けのモンティ地区へ。
ここは日本人観光客も多いせいか(今回はあんまり見かけなかったけど)、お店の人も日本語で声かけてくる人が多いです。『見るだけ』とか…いや、見るだけじゃ困るでしょ?って思ったけど…。
なので、あまりに観光地でちょっと興ざめもするけど、町の外観は本当にフォトジェニック。
a0013880_17235283.jpg

a0013880_1725193.jpg

トゥルッロの形をした教会。私たちが行ったときは中で結婚式をやっていて、入れませんでした。

一度、大通りに戻ってパニーニでお昼。食後にコーヒーのシャーベット。
a0013880_1728492.jpg

コーヒーの味がしっかりエスプレッソでとても美味しかった!
隣のお店では、さっきの結婚式のパーティなのか、ドレス姿の人が集まって騒いでました。暑いのに、元気だなー。

ひと休みしたら、今度は反対側のアイア・ピッコラ地区へ。
こっちはトゥルッリも古くて、普通の住宅街です。
a0013880_17313273.jpg

生活感あふれる感じが面白かったけど、現在は人が住んでいないトゥルッリも多いそう。
一回りして暑さにやられたし時間になったので、大通りに戻ってお土産を買って時間をつぶしました。

ナポリまでまた車で戻って、まだ夕方。
時間があるので、ケーブルカーに乗って見晴らしがいいというヴォメロの丘に登ってみることにしました。
…ところが、“丘”ってハッキリとココって分からないですよね? ガイドブックの地図でも表記の場所はまちまち。でもまぁ、上のほうに登っていけばなんとかなるかな?とりあえず、お城があるらしいから行ってみる?てことで、チケット買ったんですがこれが高い! しかも、お城に入ろうとしたらもう閉まるって…。
私たちのほかにドイツ人ぽいカップルもいて、『こんなに高いチケット買ったのに!』と一緒に文句を言ったら、どうもそのチケットはこれからお城で行われるコンサートのチケットだったみたい。お互いの誤解が分かったので、払い戻してもらえました。
でも、お城に入れないってことは見晴らしのいい場所が見つかんない…。
a0013880_17451553.jpg

しょうがないので、お城の近くの広場からの写真。
さっきのドイツ人カップルも同じこと考えてたみたいで、その後私たちと同じようにお城の反対側にも回ってました。帰り道も一緒で、ケーブルカーでも一緒で、最後にチャオと言ってお別れ。

ケーブルカーを降りたらだいぶ暗くなっていて、昨日と同じ道を通りたくなかったのだけど、ケーブルカーの駅のあるトレド通りは両脇にお店が並んでいるわりときれいな大通りで、車の通りもほとんどなかったので、この通り沿いに進んで帰ってみようということに。
結果、やっぱりこっちの道のほうが安心でした。
ホテルの近くの大通りまで戻って、適当に見つけたレストランで夕食。
ファミレスみたいなとこだったけど、さすが海辺の町、魚介類が美味しいです。
ただ、ウェイトレスのお姉ちゃんに薦められた前菜のシーフード・サラダ、すごく美味しかったんだけど1人1皿はきつかった。こっちの人にとっては普通の量かもしれないけど、私たちは前菜だけでお腹がいっぱいになってしまい、胃痛のあった友達なんかは次のパスタに全然手がつけられませんでした。
今更だけど、イタリア人の言う『1人分だよ』は話半分に聞かなきゃ駄目だ…。
[PR]
by bordergirl | 2009-07-24 17:05 | ’09.7. イタリア