Beyond Borders

bordergirl.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:’06.9. スペイン( 13 )

スペインいろいろ

9月のスペイン旅行記、ひとまず終了です。
今回はいつもと違い、いろんな街に行って、友達とたくさん過ごして楽しかった!
どの街も初めてではなかったんだけど、友達と一緒だとまた違った印象になりますね。
a0013880_101113.jpg
実はマドリッド、これで2回目なんだけど、今まであんまりいい印象持ってなかったんです。
治安が悪いということもあるけど、観光名所も少ないし、あってもなんだか活気がないというか…。
それに比べるとバルセロナは港町のせいか、明るくて開放的で活気があるイメージ。
ガウディと比べられても困るだろうけど、建物も近代的で個性があって遊び心があるなぁ、それに比べるとマドリッドはつまんないわ…と思ってました。
a0013880_058741.jpg
(上の写真はマドリッドのシベレス広場にある郵便局、下の写真はバルセロナのカサ・ミラ)

でも、友達と歩くには楽しいところですね。
とくに今回、マドリッドではほとんどメトロやバスを使わず徒歩であちこち散歩したので、それなりに愛着がわいたというか…。
いろんなお店がたくさんあるのはもちろんだけど、美術館もたくさんあるので、今度は美術館巡りもいいなぁという気持ちになりました。
バルセロナも、またゆっくり滞在したいな…。
本当にスペインは街によって個性がいろいろで、飽きない国だなぁと思います。
今度は北の方にも行ってみたいし、キリがありません(笑)。

a0013880_117236.jpg
でも、やっぱり一番好きなのはカディスみたい。
滞在中、どこへ行ってもカディス関係のものは写真に撮りたくなる私。
マドリッドで滞在したホテルの近くに、カディスという名の通りがあると知って、見に行ってきました。
スペインの街はどこも通りに名前がちゃんと書いてあるけれど、マドリッドは絵つきタイル。
ちゃんとカディスのカテドラルが書いてあって感動!
(しかし、あんまり綺麗な通りじゃなかったんですけどね…)

マドリッドもバルセロナも都会で、ほとんどなんでも揃ってて、それなりに外国人慣れしていて、住むには便利なところなんだろうなぁって思います。
でも、多少不便でも気持ちが楽なのはノンビリしているカディスかなぁ。
通りを歩けばみんながguapaと言ってくれるし、何か困ったことがあれば通りすがりのおばちゃんに聞けばいいし、横断歩道に信号がなくったって問題ないし。
田舎のヤンキーみたいな人ばっかりでも全然気になりません!!
あとはあの訛りが聞き取れるようになれば…(苦笑)。
[PR]
by bordergirl | 2006-10-11 01:42 | ’06.9. スペイン

ただいま!

今日の飛行機でスペインから戻ってきました。
やっぱりちょっと疲れましたが、滞在中はほとんど友達と一緒でリラックスして過ごせることができました。
みなさん、どうもありがとう!!

日記もボチボチ更新してます。
ただ、旅行記的にはあんまり役に立つものではないんですけど…。
では、今日はこの辺で。
[PR]
by bordergirl | 2006-09-26 01:14 | ’06.9. スペイン

マドリッド⑤

スペイン旅行も最終日。
友人の家でお昼を一緒に食べる約束だったので、ホテルをチェックアウトし、それまで散歩か買い物でもするかーと思ってたら、今日は日曜日だったのでした。
お店が開いてない…
というわけで、昨日、午前と午後の2回来て入れなかった修道院にもう一度行ってみることに。
a0013880_1175513.jpg
Callao広場に面した一等地に建っているデスカルサス・レアレス修道院というところで、ただ単にソルから近かったから…という理由で昨日覗きに来たのだけれど、現在も使用されている施設なので見学時間が限られていて、並んでみたけど時間内に入れなかったのでした。
最初はそんなにものすごく見たかったわけじゃないけど、『見れない』となると見たくなるもの…(笑)。
3度目の正直でしつこく並んで、なんとか午前中の部に入ることができました。
a0013880_1273565.jpg
レアレス(Reales)という名の通り王室所縁の修道院で、カルロス5世の娘(フェリペ2世の姉妹)フアナが創設し、修道院になる以前は王宮として使用されていたそうです。
10人程度のグループでガイド付きで回るのですが、王宮から修道院に変わった様子を説明してくれるのが興味深かったです(残念ながらガイドはスペイン語のみですが、とても聞き取りやすかったです)。
a0013880_1335997.jpg
見所はルーベンス下絵のタペストリー。
a0013880_136355.jpg
王家の肖像画もたくさん飾られています。
歴史好きには興味深いところかも。私はこの辺の歴史は好きなので楽しかったです。

さて、昨日見れなかった修道院も見れたし、心置きなく夕方の便で帰国!です。
[PR]
by bordergirl | 2006-09-24 22:13 | ’06.9. スペイン

マドリッド④

a0013880_23385974.jpg

スペイン旅行もあと残り1日…その前にマドリッドでの1日の食事をご紹介。
(カディス郊外でも美味しいものをたくさん食べましたが、食べるのに夢中で写真がありません…。今回の写真もやっぱり食べるのに夢中で、ピントとか変なんですけど)

まずは朝ごはん。
スペイン的な朝ごはんじゃないかもしれないけど、私的にはゆっくり食べれるなら卵とベーコンの重い朝ごはんがいいので。
黄身のところを丸く切り抜いてるのが可愛くないですか?
サンドウィッチ、オレンジジュース、コーヒーで4.8ユーロ。
a0013880_23423488.jpg

お昼はマジョール広場のテラス席で鶏の丸焼き(Pollo asado medio con patatas)。
飲み物つき8ユーロ+コーヒーで10ユーロちょっと。
スペインはウェイターが来るのが遅いので一人で外食するのは好きじゃないんだけど、さすがマドリッドは観光客慣れしてるのか、手際がよかったです。
a0013880_23451694.jpg

夕方は友達が目をつけてあったパステレリア(ケーキ屋)でお茶。
Serrano通りにあるMallorcaというところで、ケーキの他にチョコや軽食もあって、その場で食べるのも可。私たちは1つ50センティモの小さいケーキを3つずつ。このサイズはいろいろと試せていいかも。どれもとっても美味しかったです。とくに真ん中のシュークリーム!
a0013880_0401342.jpg

さてさて最後の夕食は、“La Noche en Blanco”の列で待っている間友人となぜか日本食の話題で盛り上がり、『日本食が食べたい!』(もうすぐ帰るのに…)と日本食レストランを探したのですが、2人とも場所をよく知らなかったため見つからず、アジア料理ということで妥協。
ファミレスのVIPSと同じグループのTHE WOKというお店で、お洒落な雰囲気。
妥協したとはいえ“日本食”にこだわって(笑)、KYOTOという名前の焼きそば(ちゃんと日本の焼きそばソースを使ってるみたい)と、TOUSHI(通し?)という炒め物のセットを注文。
a0013880_0491447.jpg

焼きそばは確かに焼きそばソースで、麺や具はいまいち微妙だったけど鰹節もちゃんと乗ってて感動(笑)。TOUSHIのほうは、手前の卵炒飯みたいなのが美味しそうだなぁと思ってたんだけど、これは全然味がしませんでした。でも、炒め物のソースは美味しかった! ちょっと濃い目の味なので、ご飯と混ぜて食べるとちょうどよかったです。
夜の12時近くだというのに、2人でシェアしてがっつり食べました。
KYOTO6.95ユーロ。TOUSHI8.15ユーロ。

…というわけで、一日の食費を計算するとざっと30ユーロ弱。
やっぱりペセタの時代に比べると物価が高い? 
ユーロが高くなってるのもかなり痛いです。
でも、マドリッドはお洒落なお店が多くて楽しかったです。また行きたいな~。
[PR]
by bordergirl | 2006-09-23 23:37 | ’06.9. スペイン

マドリッド③

前日に友達に聞かされるまで知らなくてまったくの偶然だったわけですが、その日の夜に“La Noche en Blanco”というイベントがマドリッドでありました。
a0013880_2114971.jpg

ヨーロッパの5都市でそれぞれ違う日に開催されている企画で、夜の9:30から明け方の3:00までマドリッド中の美術館や劇場が無料で開放されて、特別な催しが行われる文化的イベントです。
私たちの目当ては(といっても直前に決めたんだけど)三味線の吉田兄弟とフラメンコのラファエル・アマルゴのステージで、1時間くらい前に会場のコロン広場に行ったのですが…
a0013880_21191911.jpg
無料とはいえ入場券は必要で、もう窓口に残ってる入場券はありませんでした…残念…。
しょうがないので美術館に行こうとしたら、ふと目に入ったのが国立図書館。
そこはダ・ヴィンチの写本が公開されていて、すでに列ができ始めてました。
a0013880_21223854.jpg
私たちも美術館を後回しにしてとりあえず列に並んでみると、あっというまにたくさんの人がやってきて(多分、コロン広場に入れなかった人たちと見た)長蛇の列に。
9時半に街中で花火が打ち上げられてイベントが始まったけど、列は遅々として進まず、私たちが会場に入ったのは1時間以上たってから。
お目当ての写本は2冊しかなくて、そこの1ページが開けられて展示してありました。
あのページを選んだのは誰なんだろう…? 何が書いてあるか意味不明だったんですけど??(1つは歯車がたくさんついた機械のようなもの、2つは馬の頭のような形の何か)

図書館を出た私たち、お腹もすいたので次の美術館に行くか食事に行くか迷ったんですが、どこもかしこも長蛇の列になっているので、さっさと諦めて食事をすることに。
(次の日テレビで見たけれど、2,3時間待ちは普通だったみたいです。どおりで3時までかかるわけだ)
a0013880_21315826.jpg
すごいことに、イベント中はメインストリートまで車の出入りが閉鎖されて歩行者天国。
(しかし、その中でバスだけは運行。危ないんだからどっちかにすればいいのに!)
フィエスタ大好き!なスペインの心意気を感じました。
小さな町でも大きな街でも、フィエスタって同じ雰囲気でちょっと感動。

偶然にも旅行のスケジュールが合って本当にラッキーでした。
いつもは車が走ってるので近くに寄れないシベレス広場の女神の像も、近くによって撮れちゃいました。(同じ魂胆で記念撮影する人多数)
a0013880_2137825.jpg

[PR]
by bordergirl | 2006-09-23 21:10 | ’06.9. スペイン

マドリッド②

マドリッド2日目。
友達との待ち合わせは午後なので、遅く起きて朝ごはんを食べる場所を物色。
といっても、全然詳しくないので観光名所のマジョール広場へ。
ついでに、ヴィゴ・モーテンセン主演のスペイン映画“アラトリステ”展をやってたので覗いてみることに。
a0013880_134421.jpg

a0013880_1344027.jpg

入場料は無料で、日本でも映画公開時にやってる衣装展みたいな感じ。
各登場人物の肖像画と衣装が展示されてました。
その横には人物紹介が長々と書かれていたけれど、映画も原作もまだ見てないのでちんぷんかんぷん…。
面白かったのはいくつかの登場人物の肖像画が音声付のビデオになってることなんだけど、残念ながら会場が狭いのにそれぞれかぶってしゃべるから、私にはちっとも聞き取れませんでした…。

a0013880_1383743.jpg
朝食のあとはソルの近辺でお買い物をして、またもやマジョール広場に戻って昼食。
その後ホテルにいったん帰ってのんびりしたあと、友達と待ち合わせの場所に出かけました。

a0013880_1412664.jpg
今日もあちこち散歩して観光。
スペイン広場に行ってきました。
真ん中にセルバンテスと、ドン・キホーテたちの像がある有名なところ。
以前友達からこの像の絵葉書をもらっていて、どんな素敵な広場なのかしら~と想像してたんだけど、予想以上に普通の公園でビックリしちゃった(笑)。
スペインの首都の“スペイン”広場なのに、この手抜き具合はどうよ!!って。
日本にある普通の公園と変わらないですよ…。

さて、そのあとはお茶をして、今夜のイベント“La Noche en Blanco”に…。
[PR]
by bordergirl | 2006-09-23 01:31 | ’06.9. スペイン

マドリッド①

お昼過ぎの飛行機でヘレス・デ・ラ・フロンテーラの空港からマドリッドへ。
なんだか分からないけど1時間半も出発が遅れて大変でした。
乗り継ぎ便じゃなくてよかった。
着いたのは最近新しく出来たマドリッド空港のターミナル4。
a0013880_19311587.jpg
きれいなんだけど無駄に広い感じ。
預け荷物を受取る場所も何レーンもあって(そんなにいっぺんに到着するか?と思った)、歩いても歩いてもお目当てのところに着かないし…。

マドリッドのホテルは前日に電話してみたんだけど、3つ候補のうち最初の2つは満室と断られ、最後の一つでなんとか小さい部屋を確保。
『小さい部屋だったらあるけど…』て言われて、
『一人なんで全然構いません!』と答えたけど、本当に小さい部屋でした。
ちなみに私がホテルを探したサイトはコチラ

ホテルの場所はマドリッドの真ん中プエルタ・デル・ソル広場のすぐ近くで、なにをするにも便利だったのですが、空港からタクシーで向かったところソルの一帯が工事中でホテルのある通りには入れない、と言われてちょっとビビりました。
『アトーチャからなら入れるけど』と言われたけど、こっちは全然地理が分からないので『それってどこなのよ~?』状態。
a0013880_19445118.jpg
それでも無事にホテルに落ち着いて、すぐに現地留学中のお友達との待ち合わせに。
まずはお茶して長話。
マドリッドは治安が悪いと心配してたんだけど、彼女の話だと治安がとくに悪いのはマジョール広場からアトーチャ通り側の一帯なんだそう。
他は普通に気をつけていれば大丈夫だって。
でも、私の泊った安いホテル(ホテルじゃなくてオスタル)などは普通のピソの中に入っているので、出入りする時は自分のまわりに変な人がいないか毎回よーく確かめました。

お茶したあとはあたりを散歩して主な観光名所を見せてもらい、バルでタパスを食べて解散。
マドリッドのシンボル、ソルの熊も見ました。
日本で言うところのハチ公? お姉さんも誰かと待ち合わせかも。
a0013880_19573333.jpg

[PR]
by bordergirl | 2006-09-22 19:26 | ’06.9. スペイン

アルコス・デ・ラ・フロンテーラ

18日に飛行機でバルセロナからセビージャへ飛んで、セビージャ空港からタクシーでセントロへ。セビージャ郊外に住む日本人のお友達の家にお邪魔させていただいて、翌日に電車で移動しました。
今回はカディスではなくて、カディス郊外に留学中のお友達が語学学校のピソの一室を手配してくれたので、そこに3日間滞在。
勝手の分かるカディスとは違って散歩すれば道に迷っちゃうし、食事の買出しもどこに行けばいいのか分からなくて困ったのだけれど、毎日のように友達やそのルームメイトと出かける機会があって留学気分を楽しめました。
で、ある日行ったのがカディス県の小さな町、アルコス・デ・ラ・フロンテーラ。
いわゆる、“白い村”の一つです。
a0013880_1553865.jpg
とくに何があるわけでもないところなんだけど、この展望台からの眺めは有名。
残念なことにこの日はお天気が悪くて、雲が重ーくたちこめちゃってるのですが。
a0013880_159334.jpg
青空だったらもっと綺麗に撮れたのに残念です。
バスで帰る最中にまんまと大雨に当たってしまって、しかもそのバスも、目当ての街を通るバスが1時間たっても来ないので途中の街までのバス。途中で大雨の中走って電車に乗り換えないといけなくて大変でした。
まぁ、それも今となっては楽しい思い出なんですけど…。
[PR]
by bordergirl | 2006-09-21 23:45 | ’06.9. スペイン

これからセビージャです。

a0013880_2183913.jpg

今バルセロナの空港にいます。
これからセビージャ。
バルセロナではとても楽しく過ごせました。まだまだ体調が完璧ではないので、すぐ眠くなったり、気分が悪くなったりするのが玉にキズですけど…。
では、再びいってきます!
[PR]
by bordergirl | 2006-09-18 21:08 | ’06.9. スペイン

バルセロナ③

今回の旅行で一番観光したのはバルセロナ。
(と言っても、メインはグエル公園とコロンブスの塔と海洋博物館のみ。マイナー…)
バルセロナも初めてではないんだけど、前回あんまり時間がなかったせいでゆっくり見れなかったから、今回は気合が入ってました。
ただ、移動の疲れと環境の変化で体調がベストではなかったので、本当は旅行の最後の方にすればよかったのかも。
バルセロナから回ったほうが少しでもスペインに長くいれるスケジュールだったので、結局そっちにしてしまったんですけど。

a0013880_292388.jpg
ところで、バルセロナで見つけたこのセクシーなキリン。
誰かどんな意味があるのか知ってる人いませんか??

他にもバルセロナはいろいろと面白いオブジェがあって
a0013880_2141784.jpg
これは、ハビエル・マリスカルのエビちゃん。
海沿いの道にドーンとあります。
愛知万博にあったエビちゃんと同じ!!
a0013880_2171198.jpg

(→ちなみにこれが、万博にいたエビちゃん。)

バルセロナはタクシーの色も他の街と違うし、こういうオブジェとか可愛いし、雰囲気よかったです。
あと、面白かったのはメトロでポケット本の自動販売機を見つけたこと。
これ使ってる人は本当にいるのかな? 値段のチェックをしてくるのを忘れちゃったけど、スペインは本ってかなり高いんですよ。
でも、日本でもやったらいいのになって思いました。
[PR]
by bordergirl | 2006-09-18 02:08 | ’06.9. スペイン