Beyond Borders

bordergirl.exblog.jp
ブログトップ

<   2004年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

“ リトル・プリンセス ”

a0013880_2434240.jpgガエル主演の“天国の口、終わりの楽園”やハリー・ポッター最新作の監督でもある、Alfonso Cuaronのアメリカ映画デビュー作(1995)。
今から10年も前の映画なんだけれど、公開当時評判が結構よくて、見たかったことを思い出してレンタルしてみました。
ハウス名作劇場でもおなじみバーネットの『小公女』が原作の子供向け映画です。
が。
『すべての女性はプリンセスである』
というこの映画のテーマにすっかりヤラレテしまいました。
天涯孤独の身になって意地悪なミンチン先生にいじめられるセーラ。
『でも私はプリンセス! だって女の子だもん!!』
仁王立ちして一生懸命叫ぶ姿が超かわいい…。
やっぱり女性は大事にされてこそだなぁ…と思ってしまいました。
決して甘やかされるとかチヤホヤされるとかではなくて、『誰かにとって自分はプリンセス』と信じられることによって自分を大事にするし、人にも優しくなれるんだなぁと…。

それにしてもワラワラと出てくる女の子たちがとってもかわいい!
私にこんな娘がいたら、それこそ本当にお姫様みたいに可愛がるのになぁ…。
[PR]
by bordergirl | 2004-09-18 03:01 | 映画

“サルサ!”

さっき見終わったばかり。
2000年ごろの映画みたいですが、なんで今まで見なかったかな~。とても気に入ってしまったのでさっそく投稿!

主人公レミはフランスの若手ピアニスト。クラシックよりサルサに憧れるが、肌の白い彼はサルサ・バンドに入れない。そこで髪を染めて肌を焼き、キューバ人になりきってサルサ・インストラクターに。最初は恩人のサルサ作曲家を助けるためだったけれど、生徒のナタリーに恋をしてしまい嘘をつき続ける羽目に…。

実はこのナタリー、おとなしそうに見えてすっごくダンスが上手なのですが、彼女を見てるとついつい一緒に踊りだしちゃいそう。
全編に流れる楽しいサルサの音楽がとっても気持ちよいのです。
実は1回レッスンに行ったこともあるんですよね…私。また行ってみようかなとか思ってしまいました。上手な人と踊ると1回くらいで結構踊れるようになって、とても気持ちがいいんですよ。

a0013880_0521583.jpgところで、もうひとつ注目すべきは、この映画の主人公を演じたヴァンサン・ルクール。
肌を焼いた感じがメチャクチャかっこいいです。a0013880_057734.jpg






笑った顔なんかがちょっとガエルに似てるかも。オススメ。他に出てる映画はないかと調べたところ、“赤ずきんの森” “父よ” に出てました。確かに“赤ずきんの森”の時は雑誌で見かけてかっこいいと思った記憶がある…でも、“父よ”の時はいまいちだった記憶が…(映画は未見ですが)。外国人ってちょっと年とると顔変わっちゃうし…私の持論によるとフランス人は特にそう…。もったいない…。ちなみに、右の写真は肌の白いバージョン。美青年です、が、私の好み的にはいまいち(笑)。
[PR]
by bordergirl | 2004-09-10 01:04 | 映画 en français

“ dot the i ”

もうすぐ公開が終っちゃうというので急いで見に行ってきました。
かなり好きなガエル・ガルシア・ベルナル君が出てるし、アルゼンチン人の女優ナタリア・ベルベケがヒロインです。(ちなみに台詞は英語です)

ストーリーは、ロンドンを舞台にした三角関係。
ストーカーと化した恋人から逃れてロンドンにやって来たスペイン人女性カルメンは、そこで優しくてお金持ちの男性バーナビーと知り合い恋に落ちます。数ヵ月後、彼からプロポーズをされ晴れて結婚することに! でも、独身最後のパーティーの余興でキスをしたブラジル人のキットのことが気になって…。
と、一見インターナショナルな三角関係、てだけにみえますが、その裏にはある人物の意図が…。
a0013880_2314213.jpg
って、そんな簡単にうまくいくわけないじゃない! てのが一番の感想。
ストーリーのテーマとしては、真実に見えることが真実じゃないかもしれない、もしかしたら誰かに操られて行動しているのかも? てことなのですが、やっぱり現実世界にはもっと複雑な要素や偶然の出来事などがあるわけで、よっぽどの天才じゃないとそこまで人間を操るのは無理でしょう…。
この映画のその“人物”はとてもそんなことができる人間には見えませんでした。
でも、ブラック・ユーモアのファンタジーとして見れば、なんとか見れないこともない…といった感じ。
実際、最後はその“人物”にも一矢を報いて終るので、後味は悪くないです。
アルレーの『わらの女』みたいな悪人がいい目を見る完全犯罪だと、天晴れと思う反面、終ったあと暗ーい気持ちになっちゃうので…。
[PR]
by bordergirl | 2004-09-06 23:01 | 映画