Beyond Borders

bordergirl.exblog.jp
ブログトップ

<   2007年 06月 ( 9 )   > この月の画像一覧

“バベル”

a0013880_20162234.jpg最近映画はたくさん観てたけど、劇場に行って観るのはものすごく久しぶりです。
夏のシーズンで観たい映画が増えてきたので、あれもこれも早く観ないと上映が終わってしまう~~~と焦り気味。
というわけで、重い腰を上げてやっと“バベル”を観てきました。

モロッコで2人の少年達が軽い競争心で撃った銃弾がアメリカ人観光客の女性に当たり、そのアメリカ人夫婦のベビーシッターをしているメキシコ人女性は息子の結婚式に出るために子どもをつれてメキシコに入り、モロッコ人に銃を贈った日本人男性には思春期の聾唖の娘がいて…と、3つの国で展開されるストーリー。

観終わったあと、すでに他のブログで読んでいた感想『救いのない結末にならなくてホッとした』ていう感想、なるほどな~と思いました。ほんとに、私もそう思ったラストでした。

登場人物たちの抱える感情は、人種や国境を越えて理解できるものだと思うし、少なくとも私は理解できると思ったんですけど。
理解できなかったのは、その後の行動。
些細なボタンの賭け違いが他人を巻き込むアクシデントを生んでいくストーリーなんですが、石橋を叩きすぎるくらいの性格の私には、『……したらこうなるって想像つかなかったのかな~』とついつい思ってしまうのです。
よーく考えて行動すれば起こらなかった話なのに!とか…って、そんなこと言ってたら、映画自体も始まらないわけですが(笑)。

でも、この世界というのはそういうものなのかも。
普遍的な感情というものがあって、でもそこから引き起こされるリアクションは人それぞれ。
この映画だって、違う監督が撮っていたらまったく違う物語になっているだろうし。
100人いたら100通りの視点があって、100通りの物語ができるはず。
だからこそ、この世界はおもしろいのだけれど、同時に誤解や争いが起きてしまう。
ちょっと深呼吸して落ち着いて、他の人の視点を楽しめればいいのに、と思います。

ところで、この映画ではいろんな国の言葉が話されていて、全部に字幕がつきます。
日本語にも字幕がつくのが新鮮でおもしろかったです。
でも、ちょっと日本人の言い方と違うなぁ、日本人はこういう台詞を言わないだろうなぁって思った箇所が何ヶ所か。それはそれで、おもしろかったんですけどね。
[PR]
by bordergirl | 2007-06-29 20:16 | 映画

“捕らわれた唇”

a0013880_1993853.jpgなんで“唇”なの??という邦題なので、またペネロペが出てるから持ってきた変な映画なのかな~と思って観ましたが、わりとおもしろかったです。

フランコ独裁政権末期、裕福な家庭に育つルシアは、恋人が反政府運動をしていることに巻き込まれて逮捕される。彼女は政治犯の房に入れられるが、刑務所は想像していたほど悲惨なところではなく、徐々に他の囚人達と友情を育んでいくルシア。しかし、刑期が10年と宣告され、絶望したルシアは脱獄を計画する…というストーリー。

なにがおもしろいって、刑務所内が楽しそうなんです。
いわゆる刑務所ドラマに出てくるような小さな部屋ではなくて、小学校を改装したような開放的な建物で、部屋は広々4人部屋。囚人服もなくって、それぞれが思い思いの格好をしているのだけれど、気候がいいのでサマードレスとかをカラフルに着こなしてたり。(看守の中にはエスパドリーユ履いてる人もいるし)
お祝い事があると大皿料理のパーティーが開かれて、ギターを持ち寄って、踊ったり。
面会にくる人も悲壮感はまったくなくて、家族大勢でやってきて、思い思いにわーわー話してるし(隣の面会席と境がまったくないので、大声で話さないと話ができない)。
スペインの刑務所って本当にこんななの?て感じです。

まぁ、本当かどうかはさておき、おかげで刑務所もの(しかも女囚)にありがちな暗さとか怪しさとかがなくてよかったです。囚人達もみんなサバサバしてて明るいし。
時間がなくて1回しか観れなかったけど、例えばスペイン語の勉強にと観るんなら、こういう癖のない映画のほうが何度でも繰り返し観れていいかなと思いました。
泣ける映画とか、重めの映画とか、言葉そのものに集中しにくいし、何度も観ると精神的に疲れちゃうので。

若いペネロペは棒っきれみたいに痩せてて、男の子みたいでかわいいです。私は今ぐらいの、ちょっと肉付きのいいペネロペのほうが好きですけど。
出演者はほかにアナ・トレント、カルメロ・ゴメスなんかが出てました。
カルメロ・ゴメスは“キャロルの初恋”でもキャロルの叔父さん役で出てたので、『あれ?また?』と思いましたが、この映画の髪型はいくらなんでもひどいんじゃ?? なんていうのか、コントに出てくる子供の髪型みたいなの。彼はいちおう美形俳優に入れられてると思ってたので、ある意味衝撃的な出演でした…。
[PR]
by bordergirl | 2007-06-26 19:08 | 映画 en español

“夜になるまえに”

a0013880_23462047.jpgこれも、今まで観たくて探していた映画。
そしたらGyaOでやってました。
キューバの作家レイナルド・アレナスの生涯を描いた作品。主演はハビエル・バルデムです。
台詞はほとんど英語なのかなぁと思っていたら、予想以上にスペイン語もあって嬉しかったです。
ハビエルは英語でナレーションもつとめていて、それはそれなりに聞きやすいのですが、低音部でちょっとくぐもるというかなんというか…でも、スペイン語で詩を読んだりすると、その低音部が一転してものすごーくセクシーなのです。ビバ!スペイン語! やっぱりスペイン語はいいなぁと再認識した次第。詩のリズムも耳に心地よいです。こういうの聞くと、スペイン語の詩に興味が湧くのですが、いざ読むといまいち…なんですよね。いつもハビエルが朗読してくれたらいいのに。

さて、映画の内容なんですが、映像は詩的でとても美しいです。
ただ、私にはちょっと分かりづらかった…。
限られた時間で一人の人間の生涯を描くので、ある程度話が早いのはしょうがないのですが、作家で同性愛者のレイナルドがカストロ政権下で危険視されるのは分かるとして、投獄される経緯が??? 作家活動も、なんだかいつの間にか作家になってる感じで、『いつ、そんなに有名に?』と思ったし。
でも、最近キューバが気になるので、興味深く観ました。

出演者は豪華です。有名なところで女装したジョニー・デップとか。他にも、オリヴィエ・マルティネス、ショーン・ペン、チラッとナイワ・ニムリやディエゴ・ルナも。でも、出演シーンはみんな短いんですよね~(そのせいか、ジョニーは2役で出演)。あれ?今のそう?という感じ。映画的にはそれで正解と思うけど、もったいない~~~。
[PR]
by bordergirl | 2007-06-25 23:45 | 映画

“キャロルの初恋”

a0013880_21242556.jpg内戦中のスペインを一人の少女の目から描いた映画。
…というと、くらーい映画を想像されちゃうかもしれませんが、アメリカから始めてスペインに来た少女が少しずつ周りの生活に馴染み、友達を作って、ひとりの男の子を好きになる…ごくごく普通の日常生活を描いています。
それでも小さな村にはフランコ側の人間と共和派の人間がいて、いつもピリピリした雰囲気。
例えばキャロルの祖父は共和派だけど叔父はフランコ寄り、キャロルのボーイフレンド・トミーチェの父親は共和派?だけど叔父はフランコ派…と、家族の中でも対立があって、些細な言動にも慎重にならなければいけません。そんな中、思ったことをなんでも言うキャロルにはかなりハラハラさせられました。

好きなシーンは、国際旅団にいるキャロルの父親が娘の誕生日に飛行機でやってくるところ。フランコ側の憲兵達は爆弾だ!とオロオロするのだけれど、子ども達は飛行機を見て大歓声。大人たちの滑稽さがおかしいんだけれど、実際に武器を持って権力を握っているのはこういう人たちだったりするのよね…。
お父さんはかわいい娘にプレセントを届けたかっただけなのに。世界がそんな風にもっとシンプルになればいいのにな、と思ったシーンでした。

キャロルは髪も短くて、いつもオーバーオールというボーイッシュな女の子で、たいていしかめっ面なのですが、笑うととても素敵な笑顔になります。目も、顔の半分かってくらいキラキラして、本当にかわいいの。
相手役のトミーチェは“El Bola”主演のフアン・ホセ・バジェスタ。相変わらずの坊主頭だけど、手足がグーンと伸びて、すらっとしたキャロルの隣に立つとすごくお似合い。で、彼がまたいい笑顔なんだな。
けんかをする仲から、仲直りして友達になって、お互いを好きになる…という流れがものすごく自然で、羨ましいくらい素敵なカップルでした。
[PR]
by bordergirl | 2007-06-24 21:23 | 映画 en español

“シュレック3”

a0013880_22141294.jpg久しぶりに試写会に当たったので、観てきました。
シュレックは1も2も観てる大好きなシリーズです。

3作目は、フィオナ姫の父が亡くなって跡取りにさせられそうになったシュレックが、残る王位継承者アーサーを探して旅に出ます。その頃、2作目でフィオナと結婚し損ねて今は落ちぶれちゃったチャーミング王子が、(“めでたしめでたし”とおとぎ話が終わってしまったので、同じように落ちぶれている)悪役たちを味方につけて王位乗っ取りを計画。国に残っているフィオナ姫たちに危険が…というストーリー。

私、恋愛経験が少なくて頭でっかちのせいか、『恋愛は美男美女がするもの』と思ってしまうので、このシュレック・シリーズはかなりショッキングというか、目からウロコな映画なんですね(笑)。
今回も、シュレックとフィオナが緑の怪物同士でいちゃついてて、私のポリシーとは合わないはずなんだけど、この2人だとほのぼの『素敵だな~』と思えちゃう。
全編くだらない小ネタがきいてて、でも感動のツボはちゃんと押さえてて、ちょっとウルッとさせてくれる。
バランスの取れた質のよい映画だな~と思います。

ただ、今回の小さな不満は、もうちょっと長くてもよかったのにってこと。
1、2と登場人物が増えてきてるので、みんなの出番をもうちょっと長くしてくれないと、なんだか不完全燃焼のような気が。
観ている人にはそれぞれお気に入りもいるだろうし(私は猫とクッキーが好き)、少々映画が長くなっても誰も文句は言わないと思うのだけれど。
今回のメインは初登場のアーサー・ペンドラゴン(声優はジャスティン・ティンバーレイク。結構上手でビックリ)だけど、彼ももっといろいろネタができそうなキャラなのに、あれだけじゃもったいない気がするんだけどなぁ。
個人的には、全然プリンセスの品格がないお姫様たちがおもしろかったです。
白雪姫とか、もっと活躍してほしかった!
[PR]
by bordergirl | 2007-06-21 22:13 | 映画

“アマロ神父の罪”

a0013880_2110021.jpgこれも、近所でずーっと探してたんだけど、見つからなかった映画。
ガエル・ガルシア・ベルナル主演のメキシコ映画です。
新米神父のアマロがある村に赴任し、見習いとして働き始める。周りの神父たちはマフィアやゲリラとつながっていたり、妻帯を禁じられているのに愛人を持っていたり、聖職者というよりは政治家のよう。そんな中、アマロは教区の少女と親密になるが…というストーリー。

もぉ、観ているあいだ、腹が立ってしょうがなかったです。
多分、謳い文句は『少女への愛と聖職者への野望との間で苦悩する青年』みたいな感じだったと思うのだけれど、アマロ神父からは愛情も野望も感じられませんでした。
他の神父さんたちはいいんです。彼らのやっていることがどんなことであれ、そこに至るまできちんと悩んで、良心の呵責もあって、起こりうる事態も覚悟をして選んだ結果なんだと思えるから。
でも、アマロはなんにも選んでないし…。
その場の欲望で深く考えずに動いて、取り繕うためにイケシャアシャアと嘘をつく。
出世の野望も『多分自分はそうなるんだろう』という漠然としたものだし、彼女のことも最後までnoviaとは思ってもいないようだし…。
ただただ流されるまま。でも、彼自身は自分が善人だと頭から信じて疑ってもいないのね。実際、彼は悪い人間でもないし。そういうところが怖いというか、気持ち悪くてしょうがなかったです。現代の若者っぽいといえば、そうなのかもしれないけど…。
とくに、彼女との密会の場所に、障害があって口のきけない女の子の隣の部屋を使うのが、生理的に受けつけられませんでした。
『あの子、しゃべれないから、みんなにばれないし』って相手を低く見てる。しゃべれなくても、彼女はちゃんと分かってるのに。

私は特定の宗教を信じてるわけじゃないけど、神様は懺悔を聞いて許してくれるだけの存在じゃないと思うんだけど。他の誰も知らなくても、自分と神様は知っているのだから、恥ずかしくない行動をしようって思えないなら、なんのための信仰なんだと思うんだけど。

…と、最後までイライラしながら観ましたが、いい映画ではあったと思います。
出演者達の演技もよかったし、とくに周りの神父たちが印象的でした。
[PR]
by bordergirl | 2007-06-18 21:08 | 映画 en español

“俺たちニュースキャスター”

a0013880_1355459.jpgスペイン映画じゃないけれど、これもうちの近所に置いてないのでうきうきレンタル。
“主人公は僕だった”(これ観たいんだけど、時間がない…)で日本でも知名度が上がってきた?ウィル・フェレル主演のコメディです。

タイトルの通り、地方TVのニュースキャスターたちが主人公。
ちょうど女性キャスターが出てくる頃で、ウィル扮するロン・バーガンディーのTV局にもブロンド美人の同僚がやってくる。あの手この手で彼女を追い出す作戦を立てるものの、ロンは彼女と恋に落ちてしまう。そんなある日ロンの代理で彼女がニュースを読むことに…。

いやもう、男連中が超がつくほどおバカぞろいで、ロンなんてオツムの中身は5歳児くらいなんだけど(こういう役をやらせるとウィルはうまい)、世の中は男社会なのでそんなおバカさんでもやっていけちゃう。そこに女性が入ってこられると、いろいろと困るわけですね。でも、時代は変わっていくんだよ…というお話。
男尊女卑みたいなネタもあるけれど、映画のテーマはその逆なので楽しく観れました。

しかも、チョイ役が豪華。
ライバルTV局チームにヴィンス・ヴォーン。他にも、ルーク・ウィルソン、ベン・スティラー、ジャック・ブラック、ティム・ロビンスなんかが出てきます。
“40歳の童貞男”スティーヴ・カレルもロンの同僚役でいい味出してました。
[PR]
by bordergirl | 2007-06-18 01:35 | 映画

“Nine Queens 華麗なる詐欺師たち”

a0013880_1171095.jpg最近パソコンの調子が悪いのでDVDを観るのはお休みしてたんだけど、レンタル会員の更新が迫ってきたので、会社の近くのレンタル屋さんへ。
近くといっても一駅あるので、普段は家の近所で借りているのだけれど、そこは品揃えがあんまりよくないのです。なので、今回は普段借りられないスペイン語の映画を借りまくりました。

最初は“Nine Queens”というアルゼンチンの映画。
コンビニでつり銭詐欺をはたらくフアンがへまをして店員に見つかり、警察に突き出されそうになるところを偶然居合わせた同業者マルコスに助けられる。相棒を探していたマルコスは1日フアンと組むことに。その後マルコスの妹から呼び出され、彼女の働くホテルに行くと、昔の仕事仲間が“Nine Queens”という稀少切手を偽造して一山当てようとしていることが分かり…というストーリー。

要は詐欺師達の騙しあいのお話。
誰と誰がグルで、誰が嘘をついていて…と始終疑って観ないといけないうえに、詐欺の手口が細かくて分かりづらい! つり銭詐欺なんて、どういう仕組みで、いくら儲かったか、あっという間で全然分かりません…(経理で働いてるけど、計算弱いので)。
先に、これをリメイクした“クリミナル”(ディエゴ・ルナ主演♪ これはうちの近所にもあった)を観てストーリーを知ってたからついてけたけど、そうじゃなかったら完璧置いてけぼりになるところでした…。

“クリミナル”はほとんど忠実にリメイクされているので、オリジナルとどっちがいいかは好みの問題だと思うけど、分かりやすさでいったら“クリミナル”の方が分かりやすいです。
オリジナルは詐欺の手口も地味だし、場面の見せ方もちょっと地味なので、インパクトに欠けるというか、ぼんやり観てると大事なところを見逃しちゃいそうな雰囲気。
それはそれで、面白い部分でもあるんだと思うけど。
フアンは『善人面』という天賦の才能?の持ち主で、“クリミナル”のディエゴ・ルナも適役だったけど、オリジナルのフアンは一味違った魅力でよかったです。無欲な傍観者のようで、ときどきちょっと老獪さも見えるところとか。でもマルコスはMr.ビーンに見えてしょうがなかったよ(笑)。
とにかく、どっちもおもしろいので、お薦めです。

ストーリーに気をとられてスペイン語はちょこっと聞く程度でしたが、アルゼンチンのスペイン語なのでこれまた…。
vosの活用やら、聞き慣れない単語やら…マルコスの妹がやたら“シャ”って発音するなって思ったらこれは“lla”音だったり。
時間があったらもう1回スペイン語に集中して観てみたいな。で、観れなかった…。
[PR]
by bordergirl | 2007-06-17 22:14 | 映画 en español

“Castle in the Air”

a0013880_2348320.jpg6月に入って一度も更新してなかったんだけど、気がついたら6月ももう半ばでした!!
早すぎる!!
今月が終わったら今年ももう半分…て、これは考えるのやめとこう…

最近も映画ちょっとは観てたんですがあんまり書くことがないので(あ、でも、スパイ・キッズ・シリーズはおもしろかったです。バンデラス素敵!!)、省略。
“La Sombra del Viento”が読み終わったので、ようやっと以前に買ってあった“Castle in the Air”を読みました。

“Howl's Moving Castle”(ハウルの動く城)の続編で、世界観は同じなのですが、砂漠を越えた南の国ザンジブの絨毯売りアブダラ少年が主人公。
不思議な人物から空飛ぶ魔法の絨毯を買ったアブダラは、ある夜眠っている間に絨毯でサルタンの宮殿に運ばれ、“夜の花”姫と出会います。恋におちた2人は駆け落ちしようとするのですが、その直前に姫が魔神にさらわれてしまい、誘拐犯と思われたアブダラは牢屋に閉じ込められるものの魔法の絨毯の助けを借りて脱出。さて、彼は無事に姫を助けることができるのか??というストーリー。

前作と違ってオリエンタルムード漂うのはおもしろかったです。
でも、前半はいまいちのれず…ソフィーやハウルはいつ出てくるんだとそればっかりを考えて読んでました。なんというか、前作の登場人物に比べて、キャラの個性が薄いんです。
後半、ソフィーが登場するあたりでムードがガラッと明るくなります。
女性作家だからか女性の描写の方が生き生きしてるように感じました。
今回ソフィーは魔法をかけられて○○になっているんですが、相変わらずマイペースで、状況を受け入れて楽しんでるところがおもしろい。こういう女性は大好きです。
それに、最後に実は●●が××で、△△が■■で…ていう種明かしがおもしろかったです。

読み終わるのに半年以上もかかった“La Sombra...”のあとだと、読むの簡単~という感じでした。
言語の問題かなぁとも思ったけれど、今はIsabel Allendeの“Retrato en sepia”(こちらも以前読んだ“Hija de la Fortuna”の続編?です)をスペイン語で読みはじめたところで、これは、やっぱり難しい単語もありますが、読みやすいです。
やっぱり同性の文章の方が読みやすいのか…。
それとも、この2人は私の感性との相性がいいのか…。
自分と合う作家に出会うのは嬉しいですよね。
今まで読んだ男性作家のスペイン語小説は『難しい! 読みづらい!』と感じることが多かったけど、私と相性のいい作家さんはいないかな~。
[PR]
by bordergirl | 2007-06-15 00:22 | 本、音楽