Beyond Borders

bordergirl.exblog.jp
ブログトップ

<   2007年 07月 ( 8 )   > この月の画像一覧

“マッチポイント”

a0013880_2362411.jpg久しぶりにウッディ・アレンの映画を観ました。
上流階級向けのテニスクラブ・コーチになった青年クリスは、そこで裕福な家庭のトムと親しくなる。トムの妹クロエと付き合うようになり、家族にも気に入られ、トムたちの父の会社にも就職が決まり…と人生はトントン拍子。しかし、トムの婚約者で女優志望のアメリカ人女性ノラに出会い、惹かれるままに関係を持ってしまう…というストーリー。

クリス役のジョナサン・リース・マイヤーズが好きなので、最初は『かっこいいわぁ』と惚れ惚れ、彼目線で観てました。
クリスは野心家で人付き合いもうまく、トムの一家にちゃんと馴染んでいるんですが、どこか壁があるように感じたし、クロエも結婚したとたん妊娠計画で頭がいっぱいだし、そんな時にあんなにセクシーなスカーレット・ヨハンソン…じゃなかったノラが出てきたら、それはヨロヨロっと行っちゃうよなぁ…とか。
最初のうち、トム一家では部外者のこの2人には同士のような雰囲気があって、惹かれあうのはそんなに変なことにも見えなかったんです。

ところが…後半になって、クリスやトムのノラへの態度を見ているうちに、ノラが可哀相になってきました。
なんていうのかなぁ…、彼女自身『自分は男性にとって特別なの』なんて言ってるし、男性たちは彼女に熱を上げるのですが、彼女って全然大事に扱われてないんですよ。
美人なのに、というか美人のせいで、日陰の女になってしまうタイプ。
映画の中では、愛と愛欲の違いみたいに言ってましたが、私はつまるところ女性の運命って美人か不美人かより、大事にされるか粗末に扱われるかで二分されるんじゃないかと感じました。
で…この違いはどこで決まるのか…。
ノラがあんなふうに扱われるのは彼女が不運だったからだけなのか…。
どっちかというと私も大事に扱われないタイプだと思うので、なんだか複雑な気分になってしまいました(でも、ノラのように美人でもセクシーでもないので、不運にもならないんだけど)。

舞台がイギリスの上流階級社会で、オペラ音楽がバックに流れるちょっとウッディ・アレンぽくない映画でした。最後の警察が出てくるシーンだけは、アレン映画ぽかったかな(…て、そんなに観たことないですが)。
ラスト、こう使われるかな…と想像してた小道具が、まったく正反対のオチだったのでやられたって感じ。最後まで目の離せない映画でした。
[PR]
by bordergirl | 2007-07-28 22:55 | 映画

ハリー・ポッター×4

レンタルが半額になってたので、ハリー・ポッターの今までのDVD4本を一気に借りました。
週末に見よう~と軽く思ってたけど、1作平均150分もあるのね。
けっこう大変でした…。

でも、内容はさすが人気作品だけあっておもしろい!
魔法の世界と現代の世界がうまく融合してました。これは舞台がイギリスだからかなぁ。
ハリーとその友人達はいつも校則を破ってばっかりで、毎回減点ばっかりのダメ生徒なんだけど、結局最後にはお手柄な活躍をして誉められる。子どもが感情移入できるストーリーだなと思います。
私はついつい『そこは大人に任せとけよ!』『校則違反は校則違反じゃないの?』って思っちゃうんだけど、これは大人目線なのよね。ちょっと悲しい…。
順番に見ると、主人公達の成長も見れて楽しいです。
名前は全然覚えられないけれど、脇役の生徒達も同じ子達が毎回出演してるんですね。
ちなみに私のお気に入りはハーマイオニー。
ああいう、分かりやすい“可愛さ”とは無縁でやや不器用だけど、努力家で頑張りやさんの女の子は、同性から見てものすごく可愛いなぁって思います。

あれっ?て思ったのは、シリーズ物のわりには一話完結っぽい展開なこと。
1作見て『この続きが早く見たい~』とは思わなかったし、登場人物も1話限り?という人もいて(大人の脇役陣すごく豪華ですよね!)、あんまり伏線や話のつながりが感じられないような…。
原作も映画も1作ずつ時間をおいて発表されているので、うまい戦略だな~と思ってたけど、確かにこの内容なら1作ずつ時間をかけて楽しむほうがおもしろいと思いました。
でも、ヴァルデモートが復活したから、最新作はいろいろと話がつながってくるのかな?
今までの4作見たからいつでも劇場に行けるんだけど、多分またあとで何作かまとめて見ることになるかも…。
[PR]
by bordergirl | 2007-07-22 13:41 | 映画

今度は@武道館

昔だったら好きなバンドのコンサートなんかは、東京公演全部行くとかしてたんですが、最近は体力的にもおサイフ的にも無理しないでいました。
だけど、久しぶりのライブで気分が盛り上がっちゃったので、たまたまあった招待券に応募したところ、本日のGN'Rの武道館ライブも行くことが出来ました~。

しかし残念ながら、一緒に行く予定だった妹は連日残業続きのため間に合わず…。
(かわいそうにまだ帰ってきません…)
しかも、タダ券なので席はスタンドの後ろ~~~の方でした。
後ろの壁がボンボン響いて環境はよくなかったのですが、位置的にはまぁ、ステージのまん前で、幕張でステージがまったく見えなかった分ちょうどいいのかな、と。
曲の合間に爽やかにステージ後方に走り去るアクセルが何度も見れました(笑)。
踊ってる姿もかわいかったよ。
なんだかお茶目な感じで、あれこれ言われるけど普通の人なのかもな~とも思ったり。

また来てくれるといいのにな~。
というか、その前にアルバム早く出して欲しい!!
[PR]
by bordergirl | 2007-07-18 23:48 | 本、音楽

Guns N' Roses @幕張メッセ

台風が近づく中、4月に延期になっちゃったGuns N' Rosesのライブに行ってきました!
4月の時はけっこう気分が盛り上がっていたんだけど、今回はなんだか実感湧かなくて、3時開場5時開演(しかも前座あり)ということで、現地に早く行っても待ち時間が長いな~と思いのんびり到着。
会場に着いたのが5時くらいで前座は始まってたけど、雨だからサンダルで来ちゃったし、会場広すぎてモッシュピットの位置が予想つかないので、後ろの方で見ることにして荷物も預けず、座って待つことに。
時間通りに始まらないことはみんな分かってるからか、会場がいい感じに暗いせいか、待ってる人に寝ている人がたくさんいました。さすが、どこでも寝れる日本人!

このままだと7時まで待たされるかな~と思ってたら、“Welcome to the Jungle”のイントロが流れ、みんな大喜び! 大興奮!!
その後も“Appetite...”からの曲が中心ですごく盛り上がったんだけど、前方は大変なことになってたみたいです。3、4曲目くらいで前から戻ってくる人がいっぱいいるなぁと思ってたら、アクセルが通訳の女性を連れて出てきて、『誰にも怪我してほしくないから、前のほうの人もうちょっと下がって』と一言。いや~~ん、アクセル優しい~~~。
(とはいえ、私たちのところからはステージがほとんど見えず、いきなりアクセルぽい人の『Hello』に続いて女性の『こんにちは!』という台詞が聞こえた時は、『アンタ誰? 何が始まるの?』と思ったんだけど。笑)

それから、出る出るといって出ない新曲?を何曲かやったんだけど、これはまだ発売されてないんでちょっと盛り上がらず。今までとタイプは違うけど、いい曲だな~と思いました。早くアルバム出せばいいのに!
それと、曲と曲の間がどうしても間延びしちゃうというか。もともと1曲が長いし、アクセルの歌い方だと数曲おきにギターソロとか入れて休憩が必要なのはしょうがないんだけど。これが、オリジナルメンバーだったらずっと飽きないのに。←言ってもしょうがないけど。

でも、ほんと楽しかったし、いいライブでした。
アクセル来日の様子を動画で見たんだけど、ちょっと典型的なアメリカのおっさんぽくて、心配してたのね。でも、ステージ上はそんなことなかったです。本物は一瞬小さーーーく見えただけなんだけど。
アクセルの機嫌もとってもよくて、“Paradise City”であっさり終わって一部の人はすぐ帰り始めちゃったんだけど、まだ残っていたらアクセルたちがステージに戻ってきてくれました。急いで前のほうに駆け寄ったんだけど、やっぱり本物はよく見えず…(涙)。でも、みんなで“Don't Cry”を合唱できて感動もひとしお。スクリーンに見えたアクセルも素敵な笑顔でした。
最後は2階の通路から手を振ってくれてたみたいですね。私見逃しちゃったけど。

とにかく、そういうわけで、日本公演中いいライブが見られることを期待してます。

(分からない人には全然分からない記事でどうもすみませんでした!)
[PR]
by bordergirl | 2007-07-14 23:22 | 本、音楽

“イル・ポスティーノ”

a0013880_2052923.jpgスペイン映画はひと休みなのですが、イタリア映画を観てみました。イタリア映画だけど、チリの詩人パブロ・ネルーダを題材にした映画です。

舞台はイタリアの貧しい小さな島。そこに、共産思想のために国を追われた詩人ネルーダがやってきます。世界各地から届く彼への手紙を届ける郵便配達人になったのが、漁村出身なのに船に乗りたくないマリオ。読み書きもゆっくりしかできない無骨なマリオが、ネルーダの詩に触れて、ネルーダと友情を育み、世界を拡げていく。そして、食堂の娘に一目惚れをするのですが…というストーリー。

とにかく、島の景色が美しいです。水道も通っていない貧しい村なんですが…。
眼下は一面海、でも背後には靄のかかった山々。
そんな美しい島での2人のひとときの友情のお話なのかな…と思ってたので、ラスト近くの展開はちょっと意外で、でも涙が止まらないくらい感動してしまいました。
マリオ役の俳優マッシモ・トロイージは病気をおして出演していて、クランクアップ直後に亡くなったそうです。
そう思って観るとラストはまた感慨深いものが…。

ネルーダ役の俳優さんの笑顔もとても素敵で、佇まいに温かい人柄が伝わってくるようで、マリオとのやりとりがとても微笑ましかったです。
この人の台詞だけ一部聞き取れるところがあったので、スペイン語交じりのイタリア語を話していたのかな?
でも、フィリップ・ノワレというフランスの俳優さんのようです(“ニュー・シネマ・パラダイス”の叔父さんだそうです)。語学堪能なのね~。

私、パブロ・ネルーダの詩集を1冊だけ持っているのですが、途中まで読んでほったらかしなのです。でも、この映画で少し身近に感じられるようになったので、また読んでみようかな。

と思って詩集をちょっと覗いてみたら…
[PR]
by bordergirl | 2007-07-09 20:51 | 映画

“13~みんなのしあわせ~”

a0013880_21321976.jpgスペイン語映画もこれでひと休み…の予定。
最後はスペイン映画。主演は、公開中の“ボルベール”でペネロペの母親役をやっているカルメン・マウラです。
ブラックコメディなんだけど、ミステリーの棚に置かれていただけあって、けっこう血なまぐさい。まず最初のシーンでミイラ化した死体だし、その後も人がどんどん死んじゃう。
なのに最後はハッピーエンド~♪という訳わかんないお話です。
(まぁ、そういう訳わかんなさが私は好きだったりしますけど)

ストーリーは、不動産代理店で働くフリアが客に紹介したマンションの一部屋の天井から雨漏りがするので消防士を呼び、上の部屋に押し入ると老人の死体を発見。実は老人はスポーツくじで3億ペセタ当たってそのお金を隠し持っていたらしい。で、マンション自治会のメンバーはそれを虎視眈々と狙っていた…というもの。

お金に目が眩むとこうなっちゃうのか~ていう怖いお話なんだけど、何かっていうとワラワラ廊下に集合する隣人さんたちはスペインぽくて笑える。
覗き窓から覗いてたんだ~と思うとまた怖いけど。
スペインのTV番組“Aqui no hay quien viva”のブラック版って感じかなぁ(同じ人出てるし)。
日本みたいにマンションの隣の人のことなんにも知らないというのもまた怖いけど、これだけみんなが互いのことを知ってて、ルールに従わないと排除されるというのは怖いよね。

で、最後に屋上をつたってフリアがマンション住人から逃げるシーン。
去年マドリッドに行った時に見かけた建物でした。
a0013880_22384629.jpg
この馬のひづめにしがみついてキャ~~~ていうシーンとかあります。
この写真を撮った時はこの映画のことは知らなくて、単に珍しいと思ったから撮っただけなんだけど、先に映画を観てたら感動したんだろうなぁ。

あと、懐かしいといえばドン・リンピオ(洗剤のキャラクター)。
このCMを見てフリアが老人の隠し金に気がつくんだけど、これは既存のCMなのよね? だとしたら、すごいうまい作り(CMじゃなくて、映画が)だと思うんだけど。
[PR]
by bordergirl | 2007-07-07 22:52 | 映画 en español

“苺とチョコレート”

a0013880_16331169.jpg今度はキューバ映画。

恋人に振られたばかりの学生ダビッドが、ゲイのディエゴと出会って家に誘われる。ディエゴの家は宗教チックな芸術品でいっぱいで今度展覧会を開くらしい。その様子を学生寮の友人に話すと、友人は『そいつは怪しいから調べろ』と言い、失恋気分を紛らわしたいダビッドは軽い気持ちからディエゴに近づくが、次第に2人の間に友情が芽生えて…というお話。

とにかく最初、私はディエゴの分かりやすいオカマっぷりが気持ち悪くて。
登場シーンの歩いてるところだけで、そうだと分かっちゃうくらいなんですもん。
まぁ、ダビをからかおうとわざと…という見方もあるけど、それにしても…普通はそんなに分からないものじゃないのかなぁと思うし。
なんとかしてダビを家に長居させようとするシーンは面白かったけど、同時にちょっと恐かったです。目が真剣なんだもん。
ダビもあんまり好みのタイプじゃないので、最初はあんまり楽しくなかったです、この映画。

でも、途中でディエゴの隣人ナンシーが出るようになって、少しずつ楽しくなりました。
やっぱり私は女性なので、女性側からの視点から観る方が楽なのね。
ナンシーに対するディエゴの態度なんかでだんだん彼の人間性が分かってきて、ある意味、だんだんディエゴと仲良くなるダビの気持ちとシンクロしながら観れたかも。

しかし、キューバのことはぜんぜん分からないんですが、この映画を観て思ったのは、革命って例えばクーデターで政権のっとってハイ終わり!ではないのですね。
登場人物たちの中ではいまだに革命が続いているんです。
実際、寮の友人の言うとおり、“150キロ先に敵がいる”状態だし、戦時下と変わらないのかもしれないですね。
お互いを監視しあって反乱分子を取り除こう、という状況がなんとなく分かった気がします。
でも、主義主張がどうであれ自分の国を大事に思う人間が祖国にいられない、というのはとてもとても悲しいことだなぁと思います。
[PR]
by bordergirl | 2007-07-04 16:31 | 映画 en español

“カット! 世にも奇妙な一族”

a0013880_2055342.jpg微妙なタイトルです…ある意味ネタバレだし、ある意味ぜんぜん別のものを想像させるし…。
DVDを見た妹が『これ日本の?韓国の?』と言ってましたが、私もReineさんのブログで見つけたから観ようと思ったのであって、そうじゃなかったらスペイン映画だって気づきませんでしたよ。

で…スペイン映画なんです。
父親が誕生日を迎えるある一家の一日のストーリー。
でも何かがおかしい…。
その“何か”は冒頭すぐ明かされるし、タイトルから予想はついていたので特に驚かなかったけど、ちょっと説明不足なんじゃないかなぁ。まったく別のものを予想してる人には分からないような。
その後、おどろおどろしい展開になるのかな(ジャケットがジャケットだし)と思って観ましたが…まぁ、ここのところは予想外でした。ぜんぜん普通。
でも、シチュエーションとかぷっと笑える場面が多くて、なんにも考えないで軽く観るにはいいんじゃないかな。
スペイン語は基本的なこと以外そんなに聞き取れなかったんだけど、これなら何度観てもお腹いっぱいにならなそう。
でもやっぱり、字幕の台詞がちょっと説明不足というか、なにか足らない気がするんだけど…スペイン語の台詞の細かいところまで聞き取れたらそうではないのかな?


…説明不足と言って、書きっぱなしの私もかなり説明不足かもと思ったので追記。
いちおう、映画感想はこれから観るかもしれない人のためになるべく要らない前知識は書かないでおこうと思ってるのですが、これじゃあなんにも説明してないというか、私のモヤモヤ感もまとまってなくって。

それで、ようやっと思ったのですが、スペイン映画って製作者の意図するジャンル分けがされていないのかな~ってこと。
ジャンルってその映画の世界観で、それによって登場人物の個性も、起きる出来事もかなり予想ができたりします。
なんにも知らないで観て『あ、これってそういうジャンルだったのか』と思う分にはいいんだけど、あらかじめジャンルを仮定してその世界観に入って観ている場合、製作側の意図したものと違うと同じ世界に入れなくて、置いてけぼり状態に。
これはそういう感じだったな~。
他のスペイン語圏の映画に比べて、“スペインの”映画はこういうことが多いような気がします。
そうしないと日本でなかなか興味を持ってもらえないからか、それとも感性の違いか…。
やっぱり感性の違いかな…。
[PR]
by bordergirl | 2007-07-01 20:49 | 映画 en español