Beyond Borders

bordergirl.exblog.jp
ブログトップ

<   2007年 11月 ( 10 )   > この月の画像一覧

“パンズ・ラビリンス”

a0013880_16474919.jpg台湾旅行はダメになってしまいましたが、映画のほうは観てきました。
最終的に一緒に観る約束していた妹は仕事で、ひとりで観ることになったんだけど、それでもとにかく観てよかった。残虐なシーンも多くて、見ていて楽しい映画ではなかったけど、とてもいい作品だと思います。公開もう終わっちゃうので、ここで力説してもしょうがないかもしれないけど(笑)。

舞台はフランコ独裁政権下のスペイン。少女オフェリアは、身重の母親と一緒に山奥の駐屯地へやってきます。そこでは母の再婚相手である大尉が反政府のゲリラ軍と戦っており、長旅で体の弱った母は寝込んだまま。一人ぼっちで過ごすオフェリアは、家の裏にある迷路の奥でパン(牧神)と出会い、実は彼女は地下の魔法の国の王女で3つに試練を乗り越えれば地下の国に戻れると聞かされ…というストーリー。

『魔法の国』なんて聞くとなんだそれ?と思うけど、現実の世界もファンタジーの世界もとてもリアルな映画だと思いました。現実的かというと違うけれど、質感が分かるというか、身近に感じられるというか。
冷酷非情な軍人・男性に頼らないと生きていくのが難しい母親・多感な子どもという構図は、この時代を描いたスペイン映画にもよく見られるので、それほど目新しくもないけれど、同時進行でファンタジーも描いて、2つの要素がひとつのテーマでつながっているのがいいです。

私にとってはスペインは少し特別な国になってしまうので、内戦の描写なんかは、時代が違ったら私の知ってるあの人やこの人が人を殺したり拷問されたりする運命だったのかもしれない…と考えてしまってとても辛いのだけど、ファンタジーの要素が入ることで『スペイン内戦』の話よりもっと広いものになってます。
観ている側には、大尉がフランコ側とか、フランコがいいか悪いか、ゲリラ軍が何のために戦っているかとかいう知識は関係ないし、『以前スペインでこういうことがありました』というだけに終わらず、いろいろと考えさせられる内容になっているし、それぞれが考えて正しい道を選ぶというのが映画の大事なテーマだと思います。(だから私は、あのラストはハッピーエンドと取るほう)

ところで、この映画のプログラム、カラーの絵本みたいになってる豪華仕様?800円も出して買ったのですが、執筆陣もっといい人たちを選べなかったのかな? もっと、この映画を真面目に観てくれる人、大事に思ってくれる人に頼めなかったのでしょうか?
映画にたいした感想も持たず、仕事を頼まれたからやっつけで仕上げた…て感じの人が何人かいたような気がします。私もこんな拙い文章書いといてなんだけど、あまりに内容のないことを書いてる人が多くてとても残念だったし、そんなものにお金を払う側としては不愉快でした。
[PR]
by bordergirl | 2007-11-23 17:55 | 映画 en español

“Retrato en sepia”

a0013880_152969.jpgイサベル・アジェンデの“Retrato en sepia”、読み終わりました。
『読み始めました』という日記が今年の6月なので、また半年くらいかかっちゃった。でも、夏の間は読んでなかったので、そこそこの早さではあったのかなぁ。

さて、これは前に書いた“Hija de la fortuna(“天使の運命”)”の続編に当たります。他にも有名な“精霊たちの家”(“La casa de los espíritus”)の登場人物も出るらしいと聞いていたので、そっちを先に読もうと思っていたのだけれど、去年“Retrato...”がセールになってたので先に買っちゃいました。

“Retrato...”の主人公はアウロラ・デル・バジェ。前作の主人公エリサを母方の祖母に持つ女性です。親を早くになくした彼女はサンフランシスコでエリサに育てられるのですが、5歳の時にあることが起こり、父方の祖母であるパウリナ・デル・バジェによって育てられることになります。
パウリナも前作の登場人物で、商才と先見の明に長けた、外見も内面もダイナミックなチリ女性。娘を欲しがっていたパウリナはアウロラを自分の娘のように育てることを誓い、過去を断ち切るべくチリに戻ります。そこでアウロラは幸せに、当時の女性にしてはかなり自由な生活を送るのですが、5歳以前の記憶がない彼女は、いつも不気味な悪夢に悩まされて…というストーリー。
主人公以外の登場人物のストーリー、チリの政情などを絡め、主人公が過去を取り戻すまでが描かれています。

というわけで、またもや話があっちこっちに飛びました。
前作からの登場人物が多いので、彼らのその後が知れておもしろかったんですけども。
でも、主人公の人生はそれほど波乱万丈というわけではないので、他の作品に比べて軽い読み物なのではないかなぁと思います。(私の読むのが遅いので、軽いという実感はないけども)
番外編というか、そんな感じ?
しかし、何作か読んでるとある程度のパターンが見えてくるというか、主人公の話の展開が読めてきたりもして…まぁ、これは主人公の回想で話が進むので、そのせいもあるんですが…『実はワンパターン?』と思ってしまう部分もあったりして。

次の小説は気分転換に英語の、ダイアナ・ウィン・ジョーンズの“The Time of the Ghost”。邦訳の“私が幽霊だった時”をだいぶ昔に読んでるので楽勝!と思ってたら、もうすっかりストーリーを忘れてしまってました。
そのあとに、先月のスペイン旅行の時に買ってきた“精霊たちの家”を読む予定。
[PR]
by bordergirl | 2007-11-17 16:08 | 本、音楽

マラガ④

スペイン旅行のお話もこれでおしまい~~。
最後におまけで、マラガで食べたものなんかを。

基本的には、例によって行き当たりばったりで、お昼ごはんは観光途中に見つけたところで適当に入ってました。やっぱタパスが多かったかな。
a0013880_19374238.jpg

例えばこんな感じ。
ここは別にちゃんとしたバルでもなくて、ショッピングセンターに入ってたタパス屋さん。
奥から、ensalada rusa(ポテトサラダ)、albóndiga con tomate(肉団子のトマト煮)、pollo al curry(カレー風味の鶏肉)。他にtortilla(スペインオムレツ)も頼んだけど、後から来たので写真に撮れず…。1皿だいたい2ユーロくらい。

で、滞在中に美味しいなぁと思ったのがこれ。
a0013880_20343716.jpg

バルではこんな感じにケースに入っているのですが、注文するとそれぞれこんな風に。
a0013880_20352123.jpg

a0013880_20353386.jpg

どちらも中身は海老で、最初の方はちょっと海老シュウマイみたいでした。
残念ながら、名前は知りません…。
はじめて見たけど、他の街にもあるタパスかしら?

スペイン滞在中はあんまり外食しないので、タパスのメニューとか詳しくないんですよ~。
今回も、お昼ご飯はいいけど、夜は何を食べていいのか分からなくて苦労しました。
しょっちゅうピザやボカディージョ(スペイン風バゲットサンドイッチ)になっちゃって、それはそれで美味しいんだけど(スペインのファーストフード系は手作りぽくて、味も濃厚で美味しい)、私にはなんとなくちゃんとしたご飯ではないというか…パサパサしたパンばっかりじゃなくて何か水気のあるものが欲しいというか…。

そんな時に日本人のお友達に教えてもらったのが、またまたWOK。
最近あちこちにできているみたい。
去年はレストランに行ったけど、今回はショッピングセンターにあるセルフのお店で、好きな具をお皿いっぱい選んで炒めてもらうもの。
a0013880_20444948.jpg

肉は牛豚鶏の3種類あって、野菜も白菜、しいたけ、きくらげ、たけのこ…なんかのアジア食材。炒めるソースはシンプルな塩味から、イタリア風、タイ風…など6種類から選べて、小皿にヌードルや炒飯?も選べます。これにドリンクがついて6ユーロ。
欲張ってたくさん盛ったから、お腹いっぱいになってしまいました。
[PR]
by bordergirl | 2007-11-07 20:53 | ’07.10. コスタ・デル・ソル

グラナダ

カテゴリをコスタ・デル・ソルにしたのに、グラナダ入れちゃっていいのかな…と思うけど(笑)。
a0013880_1947226.jpg

マラガからは遠いし無理だろな~と思ってたけど、車で2時間弱で行けちゃうのですね。
例によってのんびりしすぎて出かけたのが午後2時ごろだったので、有名なアルハンブラは見れませんでした。
最近入場規制がかかってて、当日入場券を手に入れるには早朝から並ばないといけないって聞いてたので、『絶対無理!』と言い張って外からのみ見学。
もし入れたりしてたら、彼に申し訳ないことしたなぁ…。私は昔来たことがあるからいいけど。
丘の途中に車を止めて、アルハンブラの周りをくるっと廻ってみました。
a0013880_19583038.jpg

これはこれで楽しかったですよ。
写真だと分かりづらいけど、向こうに見える家並みはアルバイシン地区じゃないかなぁと思うんだけど、違うかな?
小道をずんずん行くと、パセオ・デ・ロス・トリステス(El Paseo de los Tristes)という道に出ます。
ここでお昼ご飯。写真を撮るのを忘れちゃったけど、一皿にタパス4種類がのせられくるものがあって、これはお徳で美味しかったです。
a0013880_208129.jpg

目の前の広場には噴水があって、ヒッピーぽい人が歌っていたり日向ぼっこをしていて、アルハンブラも一緒に眺められます。
地図もなしに、行き当たりばったりに歩いているわりにはいい感じじゃないですか?
a0013880_2017468.jpg

この道をずーっと歩いていくと、ヌエバ広場(Plaza Nueva)の前を通ってイサベル・ラ・カトリカ広場(Plaza Isabel la Católica)に着きます(この辺観光案内所があるので、地図をようやっと入手)。
そこで右に曲がってコロン大通り(Gran Vía de Colón)に出れば、カテドラル。
a0013880_2019252.jpg

グラナダのカテドラルの周りは狭いので、なかなか写真はうまく撮れません。
カテドラルの周りにはお土産屋さんの並ぶ狭い路地があるので、そこでお土産を物色するものの、会社の人向けのお洒落なお土産はなかったのですぐに諦めて、近くのビブ・ランブラ広場(Plaza Bib-Rambla)でお茶して帰りました。
a0013880_20301968.jpg

写真は広場にいた、ちょっとおかしなプーさんたち。

しかし、車が丘の上にあるので、そこまで行くのに疲れました~~。
[PR]
by bordergirl | 2007-11-04 20:42 | ’07.10. コスタ・デル・ソル

プエルト・バヌス

a0013880_2337257.jpg

マルベージャはコスタ・デル・ソルの有名なリゾート。
ヨーロッパからの観光客や長期滞在者が多く集まるところです。
でも、そんなわけで、あんまりスペインの良さが感じられないので(温暖な気候と太陽だけを望む人にはいいのかもしれないけど)、私はあんまり好きじゃないです。
とくに、6年前に語学学校の友達と遊びに行ったときの安宿のイギリス人オーナーが最悪で。
スペインが大嫌いで、スペイン語をしゃべる人間をバカにしてて、夜中ひとりで酔っ払ってはお客の私たちに愚痴を言ってきて。そんなに嫌なら国に帰ればいいのに。帰れない事情があるなら、嫌いとか言ってないで前向きに接してみればいいのにって思ったけど、なんというか、ああいうリゾートの裏の部分を見ちゃったみたいで気分悪かったです。

…という、楽しくない思い出話はおいといて。
今回はマルベージャの近くのプエルト・バヌスへ。
a0013880_23483823.jpg

椰子の木が並ぶ開放的な通りにはホテルが立ち並び、ホテルのすぐ裏にはビーチがあります。そのそばにはお洒落なレストランも。
a0013880_23502451.jpg

今回の滞在中はほとんどいい天気で、毎日夏のような気候だったけど、この日はとくに暑かったらしく、ビーチにも人がけっこういました。
a0013880_2354636.jpg

近くのヨットハーバーにはヨットがずらり。
ハーバー沿いには有名ブランドのショップが並んでました。
…で、歩いていて気がついたんですけど、ここ6年前に来てました。
プエルト・バヌスなんて聞いたことなーい、って思ってたんだけど、前述の語学学校の友達と来たときに夜遊びに繰り出したのはここだったよ。
いきなり思い出したのは、通りの一番端にイタリア・ブランドのお店があるんだけど、友達の中にイタリア人の女の子がいて『イタリア~』って嬉しそうにしてたのが印象に残ってたから。
ということは、6年前来たのはマルベージャじゃなくて、プエルト・バヌスだったの?
(タクシーで移動した記憶があるので、そうじゃないとは思うんだけど…)
みんなの後ついてっただけだったから、記憶が曖昧です(苦笑)。
今回もよく分からず連れて来られてるから、いまいち分かってないし。
でも、のんびり過ごすには素敵なところでしたよ(そればっかり?)。
ホテルもいいところにちゃんと泊れば、前述のルーザーオーナーのような人には出くわさないだろうし。
[PR]
by bordergirl | 2007-11-04 00:13 | ’07.10. コスタ・デル・ソル

ドライブ

a0013880_1918155.jpg

マラガの西にあるリゾート、マルベージャのほうまでドライブ。
海沿いの高速道路はなんにもなくて退屈なので、山側から行きました。
山側は一面のオリーブ畑で、これもまぁ人によっては、何にもないことになるのかもしれないけど…(笑)。広大な景色で、開放感があって気持ちいい! 嬉しくて写真をいっぱい撮ったけど、なかなか写真では表現できませんね。
a0013880_19231274.jpg

途中、わき道にそれて山の上まで登ってみました。
自然保護区になってる山々のようです。
a0013880_19243023.jpg

道がいくつか分かれていて、それぞれ1~2キロで周辺の村に行けるようです。
ちゃんと服装やお弁当を支度して来れば、どこかまで歩いてピクニックできたのに、残念!
でも、この辺をウロウロするだけでも気持ちがよかったし、のんびりできてよかったです。
スペインで初めてトンボを見ました。
しかし、スペイン語でトンボってなんて言うのか分からず…。
調べたら、libélula、またはcaballito del diabloだそうです。
caballitoは棒の先が馬になった玩具のことで、diabloは悪魔なので、悪魔の玩具ってこと?
a0013880_19365570.jpg

ここもまた、一面のオリーブ畑でした。
[PR]
by bordergirl | 2007-11-03 19:37 | ’07.10. コスタ・デル・ソル

フリヒリアナ

a0013880_23103376.jpg

マラガ以外は、あんまりあちこち行けると思ってなかったので、とりあえず『白い村に行きたい!』ってことくらいしか考えてませんでした。
マラガ県の白い村はミハスやカサレスも有名だけど、私たちが行ったのはマラガから見て反対側、マラガ県の東の端のフリヒリアナ(Frigiliana)。
残念ながら晴天ではなくて、写真がいまいち。
実際は晴れ間も多くて、気持ちのいいお散歩だったんですけど…。
a0013880_23162685.jpg

村はとくに何があるというわけではなくて、ただただ雰囲気を楽しむだけ。
そこがいいんですけどね。
道の舗装も石で模様ができていてかわいい。
ちなみにこの街灯の下にあるのは水道みたいです。
a0013880_23212291.jpg

あちこち絵になる道があるのですが、本当にいい写真がない…。
せめてもうちょっと晴れてればなぁ。

最初にも書いたように、土地勘がないのでどれくらいのペースで廻れるか分からず、あんまりあちこち行けないんだろうなぁと思ってました。
もっといろいろ予定立てておけばよかったな。
というか、寝坊して昼過ぎに出発する怠惰な生活を改めれば、もうちょっと廻れたと思うんですけど…。毎回、『○○と××に行こう』という計画で出発するにもかかわらず、いろいろあって最初の一ヶ所しか廻れずに帰ってくることが多かったです。
まぁ、せっかくのお休みなんだし、時間や予定に縛られることもないしねぇ…。
フリヒリアナでは、ガソリンが切れそうになって、でも一番近くのガソリンスタンドが行きたい方向と反対でけっこう遠く、なんだかめんどくさくなって帰ってきちゃいました。
事前の準備はしっかりしておきましょう(笑)。
[PR]
by bordergirl | 2007-11-02 23:34 | ’07.10. コスタ・デル・ソル

マラガ③

マラガはもともとはフェニキア人が建てた歴史ある街だったりもします。
というわけで、
a0013880_1465956.jpg

歩き疲れて結局入らなかったアルカサバ(Alcazaba、街の中にある砦)のすぐ隣には
a0013880_1475598.jpg

ローマ劇場(Teatro Romano)も残っています。

今回泊っていてのはマラガの郊外で、セントロへは車で出てきてました。
だから、よく歩いたのは海沿いのいかにもリゾートっぽい通りより、旧市街のほうが多かったです。
で、思ったのは、表通りはキレイなんだけど、細い路地に入るとけっこう汚いかなぁと。
壁中に落書きがしてあったり、窓ガラスが割れていかにも人気のない家があったり、謎の物体が道に散乱していたり…。
(まぁ、そんな路地にはそもそも入らないほうがいいんだろうけど…)
a0013880_1551854.jpg

ここも一見フォトジェニックな場所に見えるけど、背後は廃家だったりします。
といっても、滞在中にテレビで見たんだけど、郊外にはほとんど崩れかけのマンションにつっかえ棒をして住んでるような地区があるらしいので、ここにも人は住んでいたのかも。
でもほんと、このテレビの映像はインパクト強かったです。
スペインの光と影。
別の番組でも他の街の似たような問題を特集してたので、マラガに限ったことではないと思います。
一介の外国人観光客が身近に感じる問題ではないだろうけど、身近なことではないだけに衝撃が大きく、考えることも多かったのでした。
[PR]
by bordergirl | 2007-11-02 02:16 | ’07.10. コスタ・デル・ソル

マラガ②

それでは、マラガのセントロへ。
a0013880_23521875.jpg

こちらは旧市街の中心にあるコンスティトゥシオン広場。
マラガはピカソの生まれた街なので、いたるところにこういう大きなポスター(工事中なのを隠してるの?)がありました。
観光案内所はここの近くと、広場から続くマルケス・デ・ラリオス(Marques de larios)通りの先の大通りの向こうなんかにあります。

a0013880_23565199.jpg

こちらが、マルケス・デ・ラリオス通り。
両隣にお店が並び、大道芸人の人もいました。
今写真を見て気がついたけど、街灯のところにいる一団は挨拶のハグの真っ最中。
なんかスペインぽい。
この通りには彫刻もあって、今回は大通りにぶつかるところにロダンの有名な彫刻が。

a0013880_01392.jpg

とりあえず写真を撮っておきましたが、あとから聞いた噂では本物だったみたいです。

a0013880_04431.jpg

セントロでは、カテドラルとピカソ美術館を観に行きました。
写真はカテドラル。
外観はカディスの方が変っていて好きだけど、中はこちらのほうが奇麗でした。
カテドラルの入場料は3.5ユーロ。ピカソ美術館は6ユーロ。
ピカソ美術館は荷物チェックがあってカメラは預けます。
ピカソの作品(有名なものはないけども)の他に、1階に16世紀くらいまでの住居跡や道の遺跡も保存されてました。
[PR]
by bordergirl | 2007-11-02 00:15 | ’07.10. コスタ・デル・ソル

マラガ①

スペインの南アンダルシアの地中海側、アルメリアのガタ岬からジブラルタル海峡までの海岸をコスタ・デル・ソル(“太陽の海岸”の意。ちなみにジブラルタルから西側、大西洋に面したカディスの海岸はコスタ・デ・ラ・ルス“光の海岸”)と呼びます。夏になると主にヨーロッパからの観光客がバカンスに訪れる、一応リゾート。
今回行ったマラガは国際空港があって、いわばコスタ・デル・ソルの入り口。
AFの夜便で成田を発つと、パリで5時間ほど待たなくちゃいけないとはいえ、そのままマラガ行きに乗れば次の日のお昼にはアンダルシアに着けるので、もともとはカディスに行く予定でマラガ行きを決めました。
以前にも空港だけは利用したことがあったけど、街の観光をしたのは今回が始めて。
なので、すごく楽しみにしてたんですが、帰って写真を整理してみたら『マラガっぽい!』という写真がなくて…。

とりあえず、街の東側の高台にあるヒブラルファロ城から撮った町の景色を。
a0013880_1531765.jpg

右手に見えるのがカテドラルで、その手前がアルカサバ。
a0013880_1563893.jpg

もうちょっと左に行くと、市庁舎とその前の庭がきれいです。
港の様子が、まるでジオラマのようでおもしろいですよね。
a0013880_20144.jpg

さらに左を見ると闘牛場。

私は最終日にここに行ったんだけど、最初に行って『こういう街なのか~』と把握するのもいいかも。
結局、写真に載ってるアルカサバもお庭も闘牛場も中に入ったりしてないんですけどね。
こうして見れば、まぁ行ったような気分になるし(笑)。
入場料は1.5ユーロくらいだったかな?1.95ユーロ。
[PR]
by bordergirl | 2007-11-01 02:07 | ’07.10. コスタ・デル・ソル