Beyond Borders

bordergirl.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

“赤いアモーレ”

a0013880_2125793.jpgこないだまでGyaoでやってたので鑑賞。
ペネロペ・クルスが出てますが、イタリア映画です。ペネロペもイタリア語喋ります。
タイトルとか、あらすじとかで、どろどろした暗い話を想像してたんだけど、そんなことありませんでした。もちろん、明るい映画でもないけどね。

病院に交通事故に遭った少女が運び込まれ、その父親がそこで働く医師と分かるシーンから話は始まります。手術室に入った娘を待つ間、医師ティモーテオはある一人の女性を思い出します。裕福な医師であるティモーテオと貧しい女性イタリアは偶然に出会い、彼は彼女を衝動的にレイプしてしまうのですが、なぜかその後も彼女のもとに通うようになり2人の間に愛情が生まれてきます。イタリアが妊娠した時、彼はどことなくうまくいってなかった妻と別れる決意をしたものの、同じ時期に妻も妊娠が分かり…というお話。

ペネロペはイタリア役で、びっくりするくらいブサイクな顔で登場します。それがストーリーが進むに連れて、だんだんキレイになってきます。一方、金髪色白の奥さんもとっても美人。
2人の女性は全部分かっていても彼を責めないし、一見すると身勝手な男の人の願望な話のようだけど、その彼も2人から『幸せ?』って聞かれて『不幸せだ』としか答えられない…決定的に悪い人はいないのに悲しいお話だなって思いました。
ティモとイタリアの関係はそもそも馴れ初めが普通じゃないし、本物の恋愛じゃないと思う人もいるかも。2人とも親や家族の愛情に飢えていて、それを相手に投影してたのかもしれません。でも、人間の感情は理屈じゃないし、決して幸せになれないって分かってても引き返せない時ってあるんだなぁ…。
[PR]
by bordergirl | 2008-02-23 21:23 | 映画

“俺たちフィギュアスケーター”

a0013880_1834131.jpg久しぶりに映画館にて映画。映画館で観る今年初めての映画がコレというのも、またまたちょっと微妙だけど…。

ストーリーはいたって簡単。ウィル・フェレルとジョン・ヘダー演じる2人のアメリカ代表フィギュアスケーターが、同時優勝した授賞式で大乱闘を起こし、金メダルを剥奪され、男子フィギュア界から追放される。しかし…“男子フィギュア”じゃなかったら出場可能!ということを知り、3年半後に男同士でペアを組んで出場、金メダルを目指すのだが…というお話。

主演の2人が2人なだけに、くだらないというか、肩の力が抜けすぎてる映画なんですが、細部が凝ってて面白いです。2人の生い立ちやライバルのペアスケーターの紹介などが、うまい具合に説明されて、最初のシーンから観客も一視聴者として試合を見ている感じ。
試合中の盛り上がりも、主役2人のキャラ分けも(ワイルド系と乙女男子系)、こういうのあるある~と頷けるし、私的には毎回悲惨な目にあう大会キャラクターがツボでした。
ただまぁ、ウィル・フェレルの濃すぎるセクシー?シーン(最近どんどん多くなってる気がする)とか、ちょっと汚いシーンとか、笑うというより引いちゃうシーンもあったんですけどね。
基本的には、主演2人のファンだし、フィギュアスケートも見るの大好きだし、楽しかったです。
ゲスト出演のルーク・ウィルソンも嬉しいサプライズだし、ジョン・ヘダーの日本語も聞けますよ。
[PR]
by bordergirl | 2008-02-16 18:32 | 映画

“プリンセス・ブライド・ストーリー”

a0013880_0121243.jpg久しぶりの更新です。
前回書いたように、まずは帰宅後映画の観れる生活を!と頑張ってみました。
といっても、レンタルに行く気分ではないので、家に溜まってきたまだ観てないDVDを消化予定。
最初はさらっと観れるものを…と思って、これにしてみました。

風邪で寝込んでいる少年に会いに来た祖父が読んでくれる物語、それが“プリンセス・ブライド・ストーリー”。ストーリーは、中世ヨーロッパが舞台で、相思相愛のバターカップとウェスリーが真実の愛を誓うものの、出稼ぎに出たウェスリーは海賊に襲われて死亡。悲嘆にくれたバターカップは、5年後、王国の王子に見初められて愛のない結婚をしようとします。ところが、結婚式の前に彼女は悪漢3人組にさらわれ、そこに助けに現れたのが黒衣の覆面の男で…というお話。

なんつーか、いい意味でしょぼい感じがいいです!
最近はファンタジーが大人気で、いろんな技術を駆使してすごい費用をかけて、リアルで豪華なものがいっぱい公開されてますが、これはこれで味があるし(もう20年くらい前の映画です)、“おじいちゃんが読んでくれるお話”というイメージにぴったり。せっかくのキスシーンになると少年の不満で物語が止まるし、どうでもいいシーンは少年のリクエストに答えてあっさり端折られます。
台詞も洒落てるし、主人公は美男美女だし、勧善懲悪で気持ちよく観れます。まさに、風邪をひいたり、ちょっと弱ってる時にちょうどいい映画かも。
原作小説もあって、そっちの方が台詞ももっと多くて、2色刷りの凝った構成になってたと思うんだけど、もう売ってないだろな~。DVDと一緒に買っておけばよかったな。
[PR]
by bordergirl | 2008-02-08 00:30 | 映画