Beyond Borders

bordergirl.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

“魔法にかけられて”

a0013880_23495653.jpgひっさびさのディズニー映画。ビジュアルがかわいいので、話題になったときからずっと気になっていたのでした(…が、また公開終了ギリギリで駆込み鑑賞)。
主人公のプリンセスが、プリンセスなのに30代なところも親近感。
観てみても思ったけど、やっぱりこの手の映画は若ければ可愛く仕上がるというものでもないのですよね。

ストーリーの始まりは典型的なディズニーアニメ。王子様に出会った主人公が結婚式に向かう途中、王子の義理の母に騙されて魔法で現代のNYへ(ここから実写)。主人公のプリンセスは勝手が分からない世界に戸惑いながらも、子持ちのハンサムな弁護士に助けられて、前向きに事態を受け入れていく。そこに、王子や義理の母も彼女を探しにやってきて…というお話。

アニメと実写を合わせるのは、そこそこ思いつきそうな発想なんだけど、やっぱり本家本元のディズニーがセルフパロディーするというのはなかなか斬新。
でも、ちょっとデフォルメしすぎかなぁ…。最近のディズニー・プリンセスはそこそこ現代的だよね? プリンセスの言動にはちょっと引き気味で観ちゃったんだけど、やっぱり、仕草とかが可愛くてほのぼのしちゃいました。
しかし、一番気に入ったのは王子様かな。
もともと、王子様役のジェームズ・マースデンの顔は好みなのだけど、この王子様が天真爛漫で、NYに来た瞬間から居心地よさそうにしてるのが面白い。というか、楽しそう。
王子様なのに安ホテルにも文句を言わず泊まるし、セルフサービスの食堂でも普通に食事。
いつもニコニコしてて、帰りたくないプリンセスにも付き合ってNY観光をしてくれるし(しかも極端なくらい前向きに!)、やはり“王子様”という人種は心に余裕があるのですよ。
それをいったらプリンセスもね、いつも前向きで、どこでも自分の居場所を作れる人たちなんですよね。だから、観てて楽しい気分になるのかな。
実写バージョンのCGリスも、予想以上に可愛くてよかったです。
[PR]
by bordergirl | 2008-04-19 23:48 | 映画

Foo Fighters@幕張メッセ

Foo Fightersのライブに行ってきました。
会場は最近よく行く幕張メッセ。
メッセは広いので、昔みたいに小さいところでやって欲しいなぁ~とちょっと不満だったんだけど、やっぱりバンド側はこれだけお客さんが呼べるって嬉しいもんなんでしょうね。
『今日はたくさん歌うからね』『いいショウにするからね』ていうMCにこっちも大盛上がり。
始まってみたら、そんなにモッシュもないところで、自分のペースで飛んだり歌ったりできたので、これくらいの会場も悪くはないのかも。
それに、ステージ真ん中が突き出る形になっていて、ボーカルのデイブがしょっちゅう前のほうに来てくれたし。(て、私のところからは、そんなによく見えなかったんだけど)
Foo Fightersは曲の緩急が分かりやすくって、のりやすいから、すごく楽しかった!

ところで、ライブの後に幕張で夕飯を食べてから帰ったんだけど、電車で隣に座ったカナダ人2人組となぜか話をすることになって。ていっても、こっちは英語片言なので、相手のほうが日本語勉強中の英会話講師だったから助かったんだけど。
それで、東京駅でお互い乗り換えるので『じゃあね~』と別れたんだけど、乗り換え先のホームに上がったらまた再会! ちょっとビックリな偶然。
方向も一緒だったので、途中まで一緒に帰りました。
で、話をしたら彼らもFoo Fightersに行ってたそうで。
結局こっちが英語しゃべれないので、これからFooの話で盛り上がるか?というところでお別れになっちゃったんだけど、『好きな曲はなに?』って言われてすぐ出てこないのがなんだか悔しかった(語学力以前の問題ね)!! なんか本当にファンじゃないみたいで。
今度から、聞かれたらちゃんと答えられるようにしとくぞ。
[PR]
by bordergirl | 2008-04-13 02:15 | 本、音楽

“ダージリン急行”

a0013880_22572928.jpgウェス・アンダーソン監督の最新作“ダージリン急行”を観に行ってきました。
公開前から『絶対見たい!』と言ってたのに、始まったらまたギリギリ…。記事を書いてる今、もう公開終わっちゃってます。

まぁ、それはおいといて、とても楽しい映画でした。
ストーリーはとくにどこが面白いとは言えないけれど、『楽しい気分』になる映画。
“ザ・ロイヤル・テネンバウムズ”もクスッと笑えるシーンが多かったけど私はあんまり共感はできなくて、でもこっちはクスッとして、さらに登場人物を見守りたくなっちゃう感じ。
3兄弟、なんだか可愛いんだもの。
とくに三男が小さくて可愛い。次男はあんなに背が高いのにな~。

父親の死をきっかけ?に疎遠になった3人の兄弟が、いきなり家族の絆を大事にしだした仕切り屋の長男の呼びかけで、インドに集合。強制的に“心の旅”に出発させられるお話。
スピリチュアルといえばインドでしょ~って発想かと思いきや、ちゃんと目的もあったのでした。
果たしてその目的は無事達成されるのか…?

予想通りの母親登場!にとてもウケました。
いつものビル・マーレイもチョイ役で出演。
[PR]
by bordergirl | 2008-04-12 22:56 | 映画